Picks
117フォロー
2847フォロワー
【CEO直撃】保育業界の常識を変える、ライクとは何者か?
【最新】コロナ後の職場を決める「8つのヒント」
NewsPicks編集部
井上 裕美日本アイ・ビー・エムデジタルサービス株式会社 代表取締役社長
昨年からコロナ禍に入り、リモートワークに完全に環境を変えていますが、以前から環境自体は整備されており、リモートワークにはいつでも切り替えられる状態でした。ですが、昨年からの皆がオールリモートでの働き方になったスタイルは、割とワーキングマザーであったり、介護をしなければならない理由やなにかしらの事情があり家からリモートアクセスをする人にとっての本当の意味でのイコールであり、ポジティブに受け入れられています。 確かに気づかなかったところもありますが、皆がオンサイトで話しており、一部だけがリモートでアクセスしていると、コミュニケーションのギャップをマイノリティ(ここでいうと、リモート参加の人)が感じやすいかなと思い、真のイコールが実現された形なのかと思います。 環境だけでなく、全てが発言しやすく、共感や傾聴しやすい、リモートでも信頼関係を相互にうまれるような文化に変えていくことも必要です。企業文化をその時々の変化に応じて正しい方向にあるか、見ていかねばなりません。 コロナ後にもこのスタイルは、以前よりは、より対面を求めてハイブリッドな働き方にはなると思いますが、コロナ禍により学び見えたものは、取り込んでいかねばと思います。 最後の笑いを取り入れるは賛成です。雑談の重要性も様々なところで言われておりますが、働きに笑い、スマイルを取り込みたいですね。
344Picks
日本人は上司に話を聴いてもらった経験があまりない。「1on1」の本質を篠田真貴子さんが解説
ハフポスト日本版
NORMAL