Picks
116フォロー
2816フォロワー
同僚が自分の部下になったとき、どう向き合うべきか - できる上司は会話が9割
Diamond Online
井上 裕美日本アイ・ビー・エムデジタルサービス株式会社 代表取締役社長
あまり部下という言葉をそこまで会社の中では使わず、また上司という言葉もあまり使っていないです。 上か下かというものではなく、そのときに与えられたロールがリーダーだった、メンバーだったということで、その時々の専門性が何か、一人一人にスペシャリティがあるわけです。ただ確かにリーダーが、メンバーにとってどういうリーダーシップをとるかにより、チームの生産性やエンゲージメントは変わりますので、その中でのフィードバック文化はとても大事にしています。メンタリングと逆メンタリングが、両方行われているのですが、フィードバックはタイムリーにあまり長くならずに少しの時間で行われると、頻繁にフィードバックを双方で返す癖がついてきます。ポジティブもネガティブも、フィードバックの返し方、受け取り方があり、ネガティブというのは人間性を否定されているわけでもなく、改善できるチャンスを与えているわけですよね。ですので、ポジティブだけを受けていてもその時は嬉しいですが、成長がないために、改善できる事項や提言、こんなアイデアが良いのではということをお伝えすることが良いことなので、双方でフィードバックしましょうと、文化醸成をしています。フィードバックはギフトです。積極的にフィードバックし合いましょう。
85Picks
なかなか動けない人に。先が見えない不安への3つの対処法
ライフハッカー[日本版]
NORMAL