Picks
176フォロー
2494フォロワー
津波警報、解除の見込みたたず…気象庁「潮位の上昇は長く続く可能性が高い」
読売新聞
松田 崇裕TBSテレビ 報道局 社会部長 兼 解説・専門記者室
【追記2】14時 津波注意報は全て解除されました。 【追記】11時20分 岩手県に出ていた「津波警報」は「津波注意報」に切り替わりました。注意報となっても引き続き、沿岸部での注意は必要です。 @@ 気象庁の話を聞いていても、潮位上昇の説明がつかず、混乱しているように思えました。最終的には1mの潮位変化が観測され始めたため、防災上の観点から「津波警報」を出したとのこと。 いま言えることは、トンガでの火山噴火の規模が大きく、これが何らか潮位の変化に関係しているようです。同時に気圧も変化していますが、高潮がうまれる際の気圧低下ではなく、上昇していたとのことで、潮位変化との関係性はまだわかっていません。 気象庁としては、警報・注意報を解除するための「根拠」を見つけるのが、難しいケースになっているようです。 きょうは大学入学共通テストの2日目です。先ほどまで津波警報が出ていた奄美市では、県立大島高校が島唯一の試験会場です。高校によると、きょうの試験は予定通り実施するそうです。千葉の外房・内房エリアでは、一部JRの運休もあるようで、交通機関の確認が必要です。 大学入試センターは「命を守る行動」を優先させるよう呼びかけています。避難行動のため受験できなかった場合の追試受験を認めるなどの対応をとるとのことです。
85Picks
トンガ大規模噴火 日本の津波注意報はすべて解除
NHKニュース
松田 崇裕TBSテレビ 報道局 社会部長 兼 解説・専門記者室
【追記2】14時 津波注意報は全て解除されました。 【追記】 11時20分 岩手県に出ていた「津波警報」は「津波注意報」に切り替わりました。注意報となっても引き続き、沿岸部での注意は必要です。 @@ 午前2時 気象庁は会見で、今回のケースについて地震に伴い発生する通常の津波とは異なるとの説明しています。防災上の観点から「津波警報」の仕組みを使って避難を呼びかけているが、これがいわゆる「津波」なのかは、わからないとのことです。 トンガの火山噴火により、急激に空気の膨張が起きて、日本の広い地域で気圧の変化があり、2ヘクトパスカル、気圧が上がったとのことです。下がった場合は、高潮など想定できますが、上がった場合の潮位変化について検証ができていません。しかし、同じタイミングで潮位の変化が観測されています。 気象庁は「過去に経験していない事態」と説明しています。 各国で「津波」が観測されています。 トンガ(83センチ)、フィジー、アメリカ領サモア、アメリカ(ハワイ、アラスカ、カリフォルニア)、日本。被害情報ですか、トンガの現地情報が入り難い状況のようで、詳細は不明です。
362Picks
菅義偉「国民の皆さんに伝え切れていなかった」
東洋経済オンライン
松田 崇裕TBSテレビ 報道局 社会部長 兼 解説・専門記者室
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
140Picks
NORMAL