Picks
11フォロー
14フォロワー
40地銀がシステム統合検討 クラウド型でコスト大幅削減
日本経済新聞
大村 真樹FinTechメガベンチャー勤務 ビジネスアーキテクト
銀行の業務範囲は銀行法等で厳格に定められており、よって勘定系システムを中心とした基幹系に求められる機能も基本的には同じです。しかし、基幹系システムというのはその企業のラン・ザ・ビジネスを支える屋台骨な訳です。これが共同化され、かつベンダーのマネージの下でよりブラックボックス化されるとすれば、それは本当にその企業にとって有益な事なのか?という疑問が湧いて来ます。 また、何でもかんでもクラウド化すれば良いわけではないです。この様なミッションクリティカルなシステムについては、End to Endのコストメリットやロバストネスを考えると、「クラウド化しとけば全部解決」にはならないでしょう。事実、SMBCの次期勘定系は、コアのトランザクションマネジメント領域についてはメインフレーム活用によるハードウェアレイヤも含めた厳格なシステムマネジメントを、アプリケーションランタイムにはモダンなコンテナプラットフォームを導入するなど、要所要所で考えられた構成にしつつコストも最適化していたりします。 勿論、これはメガバンクの論理であって、地銀の場合はまた話は違うと思いますし、自社のビジネス上の戦略を実行する上でフルクラウドを選ぶのはなんの問題もないのですが、単に「とりまクラウド化しとけばいんじゃね」でやってしまうのはマズいです。
329Picks
NORMAL