Picks
14フォロー
9768フォロワー
東証反落、11円安 中国のネット産業統制など懸念
共同通信
齋藤 正勝auカブコム証券 代表取締役社長 CEO
日経平均株価は11円安で3日ぶりの反落となっています。 米国株はイブで短縮取引、NYダウが70ドル高で続伸、イギリスとEUの通商合意を好感しました。 今朝の東京市場は39円高と小高く始まりました。 クリスマスで開いてる市場の方が珍しいくらいの日、外国人投資家はほぼ休暇入りしており、終日動意薄で商いも閑散でした。 前日比50円高安くらいを膠着し、結局、小甘く引けています。 東証1部売買代金は1.2兆円台で今年最低でした(新興市場は活況で個人投資家は元気感)。 アリババ安を受けSBGが下げた一方、任天堂・キーエンス・Fリテイリングなど値がさ株は続伸、業績上振れ観測から海運株が軒並み高です。 TOPIXとJQ平均は3日続伸です。 週を通せば106円安で反落です。 テクニカル的には日足で5日/25日線デットクロス発生も週足ボリバン+1σを上回りラリー期待継続感。 来週は30日が大納会で3日しか立ち合いがありません。 海外市場の年末も31日余計にやるだけで、越年リスクは小さそうです。 マサカがあり過ぎた令和2年もいよいよオーラス、来る新年の経済正常化への確からしさを探っていくこととなりそうです。 ~メリークリスマス、皆さま好き週末を
21Picks
東証続落、103円安 コロナ感染拡大を警戒
共同通信
齋藤 正勝auカブコム証券 代表取締役社長 CEO
日経平均株価は103円安で続落となっています。 米国株はNYダウが69ドル安と小幅に続落、新規失業増や追加経済対策協議の膠着が嫌気されたようです。 今朝の東京市場も小安く始まり、軟調に推移しました。 前場の内に103円後半の円高に進行したこともあり、下げ幅が200円を超える場面もありました。 「GoToトラベルの一時停止検討」報道も気にされましたが、後場は下げ渋って引けています。 前日急騰したソフバンG(9984)の反落が重しとなった一方、トヨタ(7203)や任天堂(7974)は続伸で、TOPIXは反発です。 週を通せば98円安とわずかながらも6週ぶりに反落、27000円手前で一服となりました。 テクニカル的にも、週足で2W続け下影陰線(カラカサ)且つダブルトップ形成で上昇一服/調整入り示唆しているよう観えます。 来週は日米で金融政策決定会合があります。 米国では14日の選挙人投票を前にテキサス州などが接戦4州の無効を求め最高裁に提訴、どうなるかも注目されます。 これらが終われば年内のイベントは大体終了、クリスマス休暇ムードとなります。 日銀短観や貿易統計、米国中国の小売売上高・鉱工業生産などに買い手掛かりを探すこととなりそうです。
15Picks
東証4日ぶりに反落、58円安 ワクチン供給半減で心理悪化
共同通信
NORMAL