Picks
10フォロー
1760フォロワー
1人で悩まないで 緊急事態宣言下での妊婦さんへのメンタルケア、ポイントは
Yahoo!ニュース 個人
【音声】アメリカにおける心のケア方法に学ぶ
NPコミュニティチーム
松木 隆志マウントサイナイ医科大学 精神科 助教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
34Picks
乳児殺害容疑で母親逮捕、川崎 「育児で悩み」
共同通信
松木 隆志マウントサイナイ医科大学 精神科 助教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
竹内結子さん死去 40歳 ドラマ「ストロベリーナイト」、朝ドラ「あすか」 映画、舞台でも活躍
スポニチ Sponichi Annex
松木 隆志マウントサイナイ医科大学 精神科 助教授
また痛ましいニュースです... 憶測は避けたいですが、1月に出産されていることを考えると、産後うつの可能性も否定できません。 産後うつの発症率は約7人に1人とされています。また、産後の女性の死因のトップが自殺です。ホルモンバランスの変動、妊娠・出産・子育てによる肉体的・心理的なストレスの増大により産前産後はうつ病の発症リスクが高く、うつ症状をすでに産前から発症しているケースも多いですが、残念ながらそうした方のほとんどが精神科専門医による診断、治療を受けていません。 母親の健康、生命だけでなく、子供の成長発達に対する産後うつの悪影響を避けるためにも、周産期医療・福祉の現場や乳幼児検診でもっと積極的な産後うつスクリーニングが実施されることを希望します。 スクリーニングのためにはエジンバラ産後うつ病質問票は簡便で、誰にでも手軽に使用できます。 https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kodomo/koho/youshien_guideline.files/youshien_guideline_2-2-2.pdf 妊娠中、授乳中でも安全に使える抗うつ薬もたくさんあり、多くの場合は治療で症状が軽快します。上記質問票で産前産後うつが疑われる場合は、躊躇わずに精神科専門医を受診して欲しいです。
721Picks
養老孟司さんに聞きました「“死”は怖くないですか?」
ハフポスト日本版
松木 隆志マウントサイナイ医科大学 精神科 助教授
養老先生の死生観に異論を挟む意図は全くありませんが、自殺、メンタルヘルスに関しては非常にミスリーディングな記事であると考えます。 特に下記引用にある「都会」に対する根拠なきディストピア観、及び「田舎」や「昔」に対するユートピア的理想化には危うさを感じます。 >子どもの自殺はいじめが原因とかよく言われるけど、対人ですよね。そんな時、僕は「山に行きなさい」とよく言っています。人の顔ばっかり見ているんじゃなくて。山は「炎上」したりしませんから。「いいね」「わるいね」なんて言いませんよ。> >物との関係をもっと大きくしたらどうですか。ただ、都会はそれがなかなかできない。僕なんかが子どもの頃だったら、山へ虫捕りに行っちゃう。都会は子育てに向かないんですね。> この記事は、地方の方が都会よりもメンタルヘルスに有益であるかのような印象を与えますが、地方の方が都会よりも有意に自殺率が高いことは統計的にも裏付けられています。 https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/suicide04/7.html https://www.cdc.gov/media/releases/2017/p1005-rural-suicide-rates.html 精神科臨床医としては、地方の閉鎖的共同体、因習的価値観がメンタルヘルスに与え得る悪影響は決して無視できないと感じます。 山に行くだけで自殺が防げるとしたら精神科医は苦労しません。
124Picks
文字の読めない彼が「好き」から辿り着いた天職
東洋経済オンライン
松木 隆志マウントサイナイ医科大学 精神科 助教授
発達障害、特に学習障害は周囲から気付かれにくいだけでなく、診断が難しい障害です。診断には診察問診だけでなく、様々なテスト(心理テスト、認知機能テスト、知能テスト、視力聴力テストなど)が必要で、様々な専門家による評価が必要になります。 地域差はあるものの、米国の教育現場では発達障害・学習障害は概ね広く認知されています。米国の公立校では、教師や保護者が生徒の発達障害・学習障害を疑った場合、IEP (Individualized Education Program: 個別教育計画)を学校区にリクエストすることができます。リクエストを受けた学校区は診断のための上記のテストを全て公費で行い、対象生徒の能力とニーズに応じた個別のサービスと教育を学校現場で提供することが義務付けられています。 これにより、発達障害・学習障害がある生徒もその特性に応じた教育を受け、それぞれの長所を最大限伸ばす機会が与えられます。 また、米国では最近はインクルージョン教育が主流であり、重度の障害でない限りは一般学級にいながらにしてこうした個別のサービスを受けられるため、発達障害・学習障害に対する差別、偏見も減らすことにもつながります。 日本でもこうしたシステムが確立されることを願います。
43Picks
強いメンタルを手に入れたいなら、今すぐ止めるべき自分自身への7つのウソ
Business Insider Japan
NORMAL