Picks
104フォロー
4132フォロワー
信越化学、1300億円投じ米に新工場 住宅・インフラ活況
日本経済新聞
秋田 夏実Adobeバイスプレジデント/やまなし大使/情報経営イノベーション専門職大学客員教授
信越化学は今日27日が決算発表です。予想を上回る決算内容になるとの市場の期待に加え、このニュース! 一昨日の25日、大幅高となった信越化学ですが、順張りのコール買いも目立っており、今日もさらに株価をあげそうですね。時価総額も遂に8兆円を超えました。 ちなみに私は信越化学の企業姿勢が好きでして、昨年8月の「信越化学、植物肉素材参入(日経新聞)」の記事も、以下のコメントと共にPickさせていただきました。 「信越化学さん、私のリスペクトする企業の一つです。だいぶ前に、株主総会に出席した時のことです。東京駅からほど近い会場でしたが、年季の入ったビルで、おしゃれでも広くもありませんでした。お土産もなく、華やかさのかけらもない(失礼!)株主総会で、それに対して個人株主と思われる方が、「他の会社はきれいなホテルを会場にして、お土産付きでやっているのに...」という発言をされました。 そのときに経営陣は「ご指摘は真摯に受け止めるが、我々は仰るような部分でのコストを削り、少しでも業績で株主の皆様に還元できるようにしたいと考えている」という趣旨の回答をされました。それ以前も素晴らしい会社だとは思っていましたが、その一件からすっかりファンになってしまいました。 芯の通った素晴らしい企業であり、応援しています。」 https://newspicks.com/news/5188257?ref=user_5366684
95Picks
ゴディバ、北米全店撤退 高級チョコ、コロナ流行で
共同通信
秋田 夏実Adobeバイスプレジデント/やまなし大使/情報経営イノベーション専門職大学客員教授
北米では、Targetのような量販店でも、スーパーでもドラッグストアでもGODIVAのチョコは普通に売られていますから、直営の店舗を全部閉店しても、包装されたチョコであれば、引き続き北米でも買えるのだと思います。 販路を積極的に拡大した結果、GODIVAの製品はどこででも買えるようになり、結果的に希少性や特別感を喪失してしまいました。10年以上前、NYに住んでいた頃ですら、スーパーのアイスクリーム売り場に並んだGODIVAのパイントのアイスクリームの値段は、値下げにより他のアイスクリームメーカーとそれほど変わりなく、プレミアム感のなさに驚いたものです。 GODIVAは元々はベルギーのチョコレートメーカーで、王室御用達でもありましたが、買収により今はトルコの食品メーカーの傘下に入っています(それ以前はキャンベルスープの傘下)。そうした経緯もあってか、人の心に訴えかける「ブランドとしての物語」が希薄化する傾向にもあったように思います。 本部はマンハッタンのMacy‘sの2ブロック先あたりにありますが、今回の決定を機に、マンハッタンから本部を移転するかもしれませんね。
213Picks
NORMAL