Picks
126フォロー
5008フォロワー
赤ちゃん揺さぶる動画拡散 運営会社がベビーシッターを退会に
NHKニュース
秋田 夏実アドビ/情報経営イノベーション専門職大学客員教授/やまなし大使
ベビーシッターには素晴らしい方も多くいらっしゃいます。そういう方にめぐりあうためには、お願いする側もある程度の準備が必要です。 私の場合は、2人目の子どもの出産に先立って、ベビーシッターを探そうと思い立ち(1人目の頃よりも、夫婦ともに仕事の責任が重くなっていたので)、詳しそうな友人・知人たちに「信頼できる人、もしくは信頼できるサービスを知りませんか?」と、不安でドキドキしながら相談しました。そのときに貰ったアドバイスをもとに、信頼できるサービスにめぐりあうことができました。 出産後、紹介を受けたサービスから、複数のシッターさんに交替でしばらく来ていただき、自分の目でも確認しつつ、子どもと一番相性のいい方、信頼できる方をお1人選びました。以来、保育園のお迎えや、帰宅後夕飯までの子どもの相手を週3日お願いしています。その方とはもう8年ものつきあいがあり、子供を本当にかわいがってくださって、私にとっては大切な友人であり、子どもにとっては家族のような存在です。素晴らしいシッターさんはたくさんいらっしゃいますので、自分の目でしっかり見極めて、ベストだと思える方にお願いすることが大切です。
40Picks
フェムテック先進の欧米で注目を集める「卵子凍結」と「テレヘルス」、コロナ禍で急成長を遂げた理由
DIAMOND SIGNAL
秋田 夏実アドビ/情報経営イノベーション専門職大学客員教授/やまなし大使
記事では触れられていませんが、未受精卵の卵子の凍結と、受精卵の卵子の凍結とでは、その後出産にまで至ることができるかどうかの確率(=出産率)はかなり異なります。因みに受精卵の凍結にしても、4分割や6分割といった初期胚を融解移植するのか、胚盤胞まで成長した胚を移植するのかで、これまた出産率は大きく異なります。つまり未受精卵の卵子を凍結しても、将来解凍し使用した場合、残念ながら妊娠・出産の可能性が高いとは言えないのが現状です。それゆえに、出産率について記事中で言及していないのではないかと思いました。 米国における「卵子凍結」の最新技術がどこまで進んだかにもよりますが、「若い時の卵子を凍結しておいた=いくつになってもその卵で妊娠できる」わけではありません。また医療機関によって技術も雲泥の差があります。 「パンデミックによって、パートナー探しが出来ず、生物学的な時計を一時停止したい」という女性の気持ちはとてもよく分かりますので、卵子凍結を考える際は「こんなはずではなかったのに」と後から悲しまないために、可能な限り情報収集し、納得・理解してから進むのが良いでしょう。
35Picks
パナソニックはなぜ優秀な人材に早期退職されたのか あなたの会社で早期退職募集があればどうするべきか
Yahoo!ニュース
NORMAL