Picks
34フォロー
117フォロワー
マレーシア、コロナワクチン接種者の海外渡航など移動解禁へ
Reuters
ホンダ勢、33年ぶり5連勝 セナ、プロストの88年以来―F1
時事ドットコム
ゴールドマンが約20年ぶりの移転、新拠点は虎ノ門-関係者 (訂正)
Bloomberg
Nakashima Ken大学発ベンチャー認定企業顧問/SE兼不動産コンサル 顧問
ゴールドマン・サックスにお勤めの方(あるいは過去にお勤めになっていた方)であれば詳しいと思いますが、そうでない方でもゴールドマン・サックスが森ビルを選ぶ理由の一端を知るためには、現時点のオフィスを選んだ理由について記載されている以下の記事が参考になると思います。 ●<森ビル>六本木から虎ノ門へ「ヒルズ」の次なる狙い【2】 https://president.jp/articles/-/10326?page=1 「六本木ヒルズは彼らのどのようなニーズに応えようとしたのだろうか。森タワーの43階から48階に入居するゴールドマン・サックスの例を見てみよう。(中略)同社は開業時から、「『逃げ出す街』から『逃げ込める街』へ」というキャッチフレーズを掲げているが、そのことは地震リスクの高い東京へ進出する外資系企業をあらためて強く引きつけている。(中略)また、我々のような企業は海外からの出張者が非常に多い。プロジェクトごとに1カ月、2カ月という単位で人が出入りするため、右も左も分からない外国人でもすぐに使えるサービスアパートメントが隣接していることも魅力的でした。」 なお、同社関係の不動産投資ファンド動向についての記事(2018年)です。 ●米ゴールドマン、虎ノ門ヒルズ区分所有を約300億円で取得-関係者 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-01-26/P351IN6S972Z01
95Picks
反ワクチン本がAmazonから削除されたことが意味する本当の危険性
note(ノート)
Nakashima Ken大学発ベンチャー認定企業顧問/SE兼不動産コンサル 顧問
当該書籍に賛同する意図はございませんが、本件については、いくら私企業だと言っても、圧倒的な資金力や収益力、さらには市場の独占力を保有するアマゾン・ジャパン社については、「特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律」における「物販総合オンラインモールの運営事業者」として規制対象になっておりますので、同社による恣意的な削除については法的諸問題が存在すると思われます。 ●「特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律」の規制対象となる事業者を指定しました (経済産業省2021年4月1日付) https://www.meti.go.jp/press/2021/04/20210401003/20210401003.html 類似する問題として、表現の自由の第一人者的な故奥平康弘東京大学名誉教授が以前より、圧倒的な資金力や収益力、さらには市場の独占力を持つインターネット検索事業者Googleによるいわゆる「グーグル八分」について、「マスメディアは第四の権力ともいわれるが、グーグルという企業は、 これまでの権力概念では捉えられないような存在だ。 現代の表現の自由の問題は、こうした権力的な私的機関に反市民的、反社会的な行為があった場合、国家がもう少し大胆に前に出ていくべきかどうかが問われており、グーグルによって表現の自由がうまく機能しているかを見極めることが重要だ」 https://www.jstage.jst.go.jp/article/gscs/5/1/5_12/_pdf/-char/ja (20ページより引用させていただきました) と、問題を指摘しておられました。
94Picks
近鉄HD社長、株主総会で陳謝 業績大幅に悪化「断腸の思い」
共同通信
Nakashima Ken大学発ベンチャー認定企業顧問/SE兼不動産コンサル 顧問
近接グループHDに限らず、人口減少に伴う乗客数減少が経営上の課題であった鉄道関連各社が、コロナ禍で前倒し的にその課題解決に迫られている中、比較的堅調な不動産事業に頼る経営戦略が浮き彫りになっています。 不動産事業といっても居住用不動産一つひとつの売買事業ではなく、実質的に自らスポンサーとなって不動産ファンドを設立した上で、所有するビルやホテル等の不動産を当該不動産ファンドに譲渡し、一時的に数百億円の資金調達をしたり、当該不動産ファンド関連の物件管理手数料等を安定して得る事業です。 今や日本の大規模不動産業界は、日本より約40年前にREITが始まった米国の後追い的に、中長期にわたる安定した利益と一時的な多額のキャピタルゲイン(転売利益)をもたらすことが可能な数少ない業界の一つです。 例えば近鉄グループHDは日本政策投資銀行と共同でファンドを設立し、所有する東京千代田区の「近鉄霞が関ビル」等を(将来的な買い戻しも視野に入れつつ)設立したファンドに売却し、約400億円の資金調達を予定しています。 加えて、ご存知ブラックストーングループ関連のシンガポール法人と共同出資で設立する特定目的会社等に所有ホテルを譲渡し、運営は組織変更した上で引き続き近鉄グループが受託するとのことです(譲渡価格は600億円規模との報道あり)。 https://www.kintetsu-g-hd.co.jp/common-hd/data/pdf/20210302-re20210303195316147688193.pdf https://www.kintetsu-g-hd.co.jp/common-hd/data/pdf/20210325-kghd20210325134316166473884.pdf 鉄道各社は、他社が羨む好立地不動産を数多く所有している可能性がありますので、決して派手ではないものの、(海外不動産を超高額で購入しなければ)不動産ファンド事業に力を入れることは、経営状態を安定化させることに繋がると思います。
4Picks
首都圏マンション発売戸数は6倍 5月新築、在宅ニーズ高まる
共同通信
三越伊勢丹、新宿・日本橋店の再開発に着手
日本経済新聞
Nakashima Ken大学発ベンチャー認定企業顧問/SE兼不動産コンサル 顧問
新宿・日本橋店の再開発については、百貨店部分のサイズを各マーケットニーズに合わせて適正化しつつ、ホテル、レジデンス、オフィスを含む複合開発に発展させ、新宿店のコンセプトを「ファッション」、 日本橋店のコンセプトを「文化/伝統」とした上で、まちづくりにより新たな価値創出を目指すようです。 ● 三越伊勢丹グループ 2021年3月期決算説明会(27頁より) https://pdf.irpocket.com/C3099/gtYS/Vbtd/rWOr.pdf これまでとは若干異なる実績とビジョンをお持ちの新社長さんが、従業員さん各位からの多種多様な意見も取り入れ、様々な再開発プランを今後計画なさるような雰囲気がメディアから伝わってくるので、再開発の着手もまだ先ですから随分と先の長い話ではありますが、楽しみではあります。 日本橋店については、近隣にて三井不動産さんを中心とした大規模な再開発が済んでいますので、その街の雰囲気に合わせつつ、既存建物の外観や雰囲気を保存した複合用途ビルを建設するとすれば、ハード面では東銀座の歌舞伎座を再開発した時と似た完成図を想像しておりますが、やはり近隣で三井不動産さんが取り組んでおられる木造高層ビルの類似形も検討対象になるようにも思います。 ソフト面では、最先端技術力を駆使した驚くような販売・サービス手法を開発できる余地が多分に存在していると思います。主な販売ターゲット層が、いわゆる富裕層と海外在住のお客様だと思うのと、再開発はまだ先の話ですので、どうせならば、世界が驚くほどの画期的な販売手法を開発してはいかがかと思います。
118Picks
NORMAL