Picks
30フォロー
272フォロワー
「若さ」が目立つ維新支持層 3分の2が50代以下
産経ニュース
新妻 健治
維新は、大阪発でしたが、その支持者は、旧住民ではなく地域的なしがらみのない層だと言われています。指向としては、やはり改革で、松井さんがよく言う「永田町の常識は、世間の非常織」,「増税しなくとも改革すれば財源は出てくる」と言ったところに反応するのでしょうか。支持層は、世代的には、バブル崩壊時に成人して平成を勤め人として生きて来たから、景気浮揚が、自らの処遇改善につながるということを考えているのでしょうか。改憲支持は、改革の一貫であって、保守的な指向はないから、反対も多いということ。 いいか悪いかということは置いて、政治的なメッセージは、専門的だと政治に関心のある人には通じまずが、関心のない人には、わかりやすく肝をつくと反応するということでしょうか。  また、維新が地域政治で実績を上げて、大阪で自民を圧倒したとすると、立憲は、四年間、地域政治で何をしてたのかということにもなりますね。小選挙区は、党より人ですから。知らない人より知ってる人ですから。  参議院は、間に合わないにしても、立憲は、本当の地力をつけなければ政権獲得は、見えないでしょうね。「政治的選択肢は、国民が創る」という指摘もあります。選挙の時だけ、訴求してもダメだと思います。  立憲は、「なぜ、どうして、何のために、何を、どうする!」リアルに地域から積み重ねて国民の信頼を得るとともに、そして清新な執行部が、党の総力を結集して、日本社会に対して、丁寧に、持続的に、一貫して目指すものを訴え続けて欲しい。 立憲の本気が見たい。
NORMAL