Picks
13フォロー
5306フォロワー
仏、全国で3度目のロックダウン入り 学校も閉鎖
Reuters
土田 陽介三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 副主任研究員
今回のロックダウンは、これまでに比べて「緩め」となります。昨年今頃の場合、外出は1日1時間以内でしたが、今回は夜7時までとなります。生活に必要な小売店や理髪店・美容院は開かれます。 世論への配慮があるとされています。社会は確実に疲れています。ワクチン接種に及び腰なフランスで、これをきっかけにワクチン接種が進むのか。英国やスペインの好例を見ても、フランスの人々の行動は変わらないのか、注視したいところです。 なお基本的人権を殊更に重視するフランスの場合、民意が国家からの強制について行かない側面は強いと考えられます。それが今回の局面ではマイナスに出ているかもしれませんが、かと言って責められるべきでもないでしょう。強い行動制限で感染が抑制される反面、抑圧される権利も多々あります。 然るに、基本的人権を重視する先進国ほど、今回は苦慮しているわけです。他方で、先進国ほどワクチンという武器があるはずでして、それを活用できている英国やスペインが、今のところは一定のパフォーマンスを得ている。ワクチン接種を進めることこそ、我が国を含めて、現実的な解なのでしょう。
123Picks
【小島武仁】数学の挫折から経済学へ転向、ゲーム理論と出合う
NewsPicks編集部
土田 陽介三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 副主任研究員
小島先生のように数学から経済学に接近する研究者の方は、実は結構いらっしゃいます。アルフレッド・マーシャルなど、その典型例です。 そもそも哲学と数学は親和性が高く、経済学の源流である政治経済学そのものが哲学からの発展ですから、さもありなんです。 誤解が散見されますが、日本でも相応の大学の経済学部をきちんと出ていれば、コースワークでそれなりに数学に触れます。研究過程に入れば、なおさらです。小島先生の場合は、ご専門もあり、それが飛びぬけていると。 どうもこの辺り、経済学を知らない、ないしはきちんと学んでいない方々ほど、経済学は文系ではないという、理系優位文系劣位の二項対立構造で物事を捉えがちなような気がします。それこそ、アメリカはどうだこうだ、と。 小島先生が上述した「二項対立構造」のような見方に与しているわけでは全くないと思いますが、いかがでしょう?理系優位で文系劣位であるという優越感、差別感は非常に危ういと私は思います。 cool head, but warm heartという言葉の意味を理解できる人が、経済学を活かせる人材だと思います。そこに文系、理系は関係ありません。 なお私自身は、出自としてドイツ歴史学派を引きずっております。
315Picks
NORMAL