Picks
5フォロー
87フォロワー
【竹村詠美】なぜIT業界の人は教育分野に力を注ぐのか
NewsPicks編集部
邉見 木の実St.Raphaela montessori school Director
久しぶりにNPを開いたらとても嬉しい記事で、朝から勇気を頂きました。 モンテッソーリ教育、レッジョ・エミリア、イエナプラン、ドルトンスクール、シュタイナー教育を代表とするオルタナティブ教育は従来の伝統的教育(例えば日本で言う所の【一斉教育等】)と一線を画します。 勿論、アプローチ法は各プログラムそれぞれに特色がありますが、 共通項は【最初に個を大切にする】と言う事でしょうか。他にも多くの同じ根っこはあるでしょうが、この【個】を大切にする点が大きな特色です。 教育関連の記事には、いつもコメントしているつもりですが、この根本的な考え方を日本が自然に取り入れれば、現代の【教育の閉塞感】は取り除けるはずです。 コロナ禍という未曾有の国難も【教育】に関しては、たくさんのポテンシャルがあるはずなのに。その議論が国会でなされた形跡は無し。とても残念ですね。 結局、そこに信念を持った教師が【点】として目の前の子ども達に精一杯の環境を整えているのが現状。 私もささやかな【点】の一人として、大きな事はできませんが、まずは周辺から少しずつその【点と点】を繋げる尽力をしたいと思っています。 頑張ろうっと!
260Picks
世界の教育最前線
邉見 木の実St.Raphaela montessori school Director
松田さんが明確にモンテッソーリ教育の名前を挙げてくださったのが嬉しかった。 当に【子ども達に学びの主権を】という事が鍵だと思う。 モンテッソーリに限らず、イエナ、シュタイナー、レッジョ・エミリア等の【オルタナティブ】と言われる教育法の共通項は当に【子どもが主体】と言う部分。 アプローチ法や基軸のプログラム内容は、其々の教育法で個性的に違うが根っこの【子どもが主体】は変わらない。 因みに、私が実践するモンテッソーリ教育では、幼児から ☆自己選択 ☆個別活動 が大きな基盤である。 幼い頃から、隣の人と違う活動を自己選択して集中して行い完結させる。それを繰り返す。 その学びの雰囲気を自然に取り込んで育った子ども達は、大人に言われなくても【多様性】を当然の事として受け入れる。 (参考:相良敦子著「モンテッソーリ教育を 受けた子ども達」) 100年以上前のマリア・モンテッソーリ博士の発見した教育法だが、 今でも、いや、今こそ煌めきを帯びて実践されているのだから素晴らしいと改めて思う。 NPのあちこちでコメントしているが、日本でも小学校以上のモンテッソーリ教育が存在して欲しいと強く願うものである。
463Picks
「コンサルタントに潰される会社」と「コンサルタントを活かす会社」の違い
Diamond Online
ゼロから考え直す「教育」のかたち | 遅いインターネット
遅いインターネット BY PLANETS
【タスクと自律性】ストレスなく働くために「仕事を自分でコントロール」する
Quartz × NewsPicks Brand Design
邉見 木の実St.Raphaela montessori school Director
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
331Picks
NORMAL