Picks
68フォロー
8606フォロワー
【対談】三井物産が見据える次世代モビリティ事業の勝算
三菱自の筆頭株主に日産、増資で2373億円を調達
Reuters
川端 由美ジャーナリスト/戦略イノベーションアドバイザー
ようこそ、1000万台クラブへ( ´ ▽ ` )ノ デュスクロジャー→株価下落→マージと聞くと、まるで日産ゴーンさんが仕掛けたようにも見えますが、冷静に会見内容を分析してみると、三菱のマージは早晩必要な措置で、シャープのように資金クラッシュ目前で身売りより、現状、キャッシュは問題ない状況の方が選択肢は多いし、中国メーカーにマージされるとかと比べたら、34%で拒否権持っても穏やかな着地なんじゃないかと思えたほどです。 むしろ、気になるのは、益子会長が続投するかどうかでしょうか。軽は合弁で開発してたのに、三菱による日産のかばいっぷりはハンパなかったけれど、ああこういうことだったのか…と。 いずれにしても、日産も500万台くらいで難しい舵取りを強いられる現状より、アライアンスを前提に話せば、1000万台クラブに入り、地域ごとの強みも活かせて、協業によるメリットは日産にとっても大きいように思います。 【追記】 覚書の段階であり、本格的な提携はデューティリティが済んだ後のことになります。ただ、その間も提携した後すぐにプロジェクトが動かせるように準備はしていくとのこと。日産は現状、軽のことはすべて三菱の責任であり、サポートはするが、責任の所在は三菱という姿勢を貫きました。
222Picks
NORMAL