Picks
18フォロー
125フォロワー
資金調達なしで1兆円企業となったMailchimpの成功の代償
Coral Capital
Murata Ken国内クラウドサービス ITエンジニア
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
212Picks
ドコモ大規模障害、総務省が「重大事故」判断…行政指導も検討
読売新聞
Murata Ken国内クラウドサービス ITエンジニア
とある方の指摘が少々ズレていると思います。 今回の障害原因はサーバーの切り替え工事に端を発しているとの報告です。 今どきのシステムはコモディティな製品を使うのが一般的なので、国産だから優れているなどというようなことはありません。 むしろ日本製の方が低機能高価格なのが一般的な認識です。 ドコモは更新したシステムの不具合かあったので、元に戻した結果、ネットワークの輻輳が発生し、それが収束するのに時間がかかったとのこと。 >>「(旧設備側の)処理能力の見積もりの甘さ」があった https://www.businessinsider.jp/amp/post-244229?espv=1 たとえば山手線が事故で全ての駅から朝のラッシュ時に全員退去させられたことを想像してください。 その後復旧して、駅を解放したら、みな我先に駅に入って、そこにある電車に入れるだけ乗ることでしょう。 その電車は次の駅に着いても全て満員のため、一向に駅から人は減りません。 今回のネットワーク輻輳はまさにこれとおなじことが起きたわけです。 ドコモが考えるべきはこれを教訓にして、次に同じことがあった場合、このようなネットワークバーストを防ぐ手段を考えることでしょう。 総務省も何でもかんでも行政指導というポーズではなく、インシデントをモデルケースとして、他キャリアへの事例の水平展開など、プラスになるように動いて国力を高める事に繋げていただけるといいのですが。
246Picks
「あえてコスト削減はしない」アイリスオーヤマが工場の3割をわざと遊ばせているワケ
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
Murata Ken国内クラウドサービス ITエンジニア
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
376Picks
トヨタ提訴「2年前から調査」 日本製鉄、技術死守へ背水
日本経済新聞
Murata Ken国内クラウドサービス ITエンジニア
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
193Picks
【急成長】誰でも「未上場株」を買えるプラットフォーム
NewsPicks編集部
Murata Ken国内クラウドサービス ITエンジニア
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
762Picks
全世界で話題沸騰中の韓国「イカゲーム」で指摘されるパクリ度
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
Murata Ken国内クラウドサービス ITエンジニア
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
234Picks
【直撃】日本人起業家は、アメリカ市場で勝てるのか?
NewsPicks編集部
Murata Ken国内クラウドサービス ITエンジニア
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
896Picks
システム会社から「故障は4千年に1度」と説明…みずほ銀、他の大手行とは異なり4社に委託
読売新聞
Murata Ken国内クラウドサービス ITエンジニア
他のメディアで内容を確認しました。 例によってストレージ関係ですが、報道内容が薄いので推測を含みます。 DBサーバ用のデータディスクの故障とあり、冗長化されており、その両方が続けて壊れたとあります。 通常データ用のディスクはストレージ装置という、ディスクが何十、何百も搭載するサーバーとは別の独立した専用の機器に格納されています。 冗長化と行っても、銀行の規模になるとディスク1個では足らないので、恐らく複数個のディスクでRaidという論理的に1個のディスクに見えるようにします。(500GB×10個で5TBの1個のディスクのようになる) DB用のディスクはとにかく高速にアクセスできる必要があるため、RAIDは串刺しになるRAID0が好まれます。 一方ディスクが故障するとデータが全滅するため、ミラー用(冗長用)に全く同容量のディスクを用意します。これはRAID1と呼ばれます。 つまり、RAID0を同じくRAID0の同容量の論理ディスクでミラー(冗長)することをRAID01と呼びます。 ですが、この方式には重大な欠点があります。 どちらもRAID0であるため、1本でもディスクが故障すると、複数個の結合である論理ディスクは利用不可能になります。 今回の内容からRAID01を使っていたのではないかと?感じさせます。 この欠点を解消する方式として、RAID10があります。 これはディスク1本に対して、1本のミラーディスクを用意(RAID1)して、そのRAID1を複数結合(RAID0)にします。 若干性能が落ちますが、遥かに安全な方式なので、自分が金融系のDBでストレージ設計をしていた時は全部この方式でした。 https://xtech.nikkei.com/it/article/Watcher/20060518/238330/ ディスクの故障率のお話が出ていますが、ストレージ構築の設計時はMTBFと言う平均故障間隔で見ています。 ですが実際はストレージを構築、RAID構築時にダメなディスクはバタバタと壊れます。 経験上数百本で1個か2個です。 今回のように連続して壊れるケースは、既に稼働して年月がたっている場合で、スタンバイ側が急に稼働率が上がって負荷が高くなり壊れるパターンが考えられます。
531Picks
「させていただく」多用する人にモヤっとする理由
東洋経済オンライン
Murata Ken国内クラウドサービス ITエンジニア
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
269Picks
NORMAL