Picks
90フォロー
45フォロワー
いま“大人の自己分析”が求められている理由
NewsPicks編集部
青木 想CEO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
995Picks
【磯崎哲也】起業家は本能的恐怖と100億円でできることをイメージする力が必要だ
青木 想CEO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1618Picks
野村証券に改善命令へ 金融庁、上場基準の時価総額漏洩
日本経済新聞
青木 想CEO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
417Picks
7年間、毎日3時間の自分磨き。武井壮が編み出した「選ばれる人になる方法」
Forbes JAPAN
青木 想CEO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
595Picks
「10億円稼ぐ社会起業家1000人育てる」23もの社会課題解決に取り組むベンチャーが急成長
Business Insider Japan
青木 想CEO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
469Picks
ヘルスケア業界に黒船? GAFAの「医療IT」戦略はこうなっている
ビジネス+IT
青木 想CEO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
684Picks
【新卒採用】次世代IT人材がリクルートに入社する意味はあるか
青木 想CEO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
876Picks
【山崎元】生命保険は「人」から買うな
NewsPicks編集部
青木 想CEO
【人は何にお金を払うのか?その本質が保険商品】 保険セールス経験のある私が思うのは、 保険ほど、人が何に価値を感じて購入しているのか 多種多様に溢れる商品はないと思う。 これが、まさに形がなくて、今使えなくて、自分が使えない この保険という商品の特性だと思う。 形がないからこそ、家族のため、愛する人のため、 という価値が見出されるし、 今使えないから、将来万が一、というトークが決まるし、 自分が使えないから、入ること自体が損なのではないか、 という損得感情を過剰に引き立てる。 だから本質的に、人が売ろうが、機械が売ろうが、 保険を購入する時点で、その人が何にお金を払っているのか、 何に価値を感じているのか、を明確にはできないと思う。 その瞬間にお客様が納得して商品を買っている ということが最も大事なカスタマーサクセスに思える。 ただ、そう言ったことを全て包含してフラットに 情報を提供できる人が少ないというのが根本的な原因で あることには間違いがない。 これだけ専門性が求められて、 販売が難しい商品を安易に誰でも売れるスキームにして しまった弊害が、高度な情報社会になった今、 露呈している、ということに尽きる。
1995Picks
【マルケト社長】営業の「人海戦術」ではもう成長できない
NewsPicks編集部
青木 想CEO
【効率化と再現性をもたらすデータ・ドリブン経営】 労働人口が減少し、優秀な人材の獲得が激化する中で、 ・安定的に誰でも6割の結果は出せる ・同じ仕事を極力省エネで回す という『効率化』と『再現性』は日本でビジネスを行う以上、 どの企業においても重点経営課題になると思う。 それを可能にする手段のひとつが、データ・ドリブンな経営。 数値化させることで、組織の中の共通言語を増やし、 センスや勘の領域をなくしていく。 その点で、Saas元年と言われるのはマーケット環境としては 至極自然なことで、セールスフォースに代表される営業の科学、マルケトのようなMAツールも、データ・ドリブンな経営には必須だという背景だと思う。 特に営業とマーケの融合はこれから益々重要で、 今まで現場との接点の全てを営業が担ってきたところから、 ・商品理解とリード獲得→Webマーケ ・顧客のニーズ掘り起こし→インサイドセールス ・提案とクロージング→フィールドセールス ・既存顧客のフォローとアップセル→CS と、いかにカスタマージャーニー全体を描きながら、 機能的に細分化していくか、はとても重要になる。 この構造をいち早く理解して戦略に落とし込むこめるか が、toB領域での勝者と敗者を分けると思う。
669Picks
グーグルに学ぶパッションドリブンのコミュニティ
Diamond Online
青木 想CEO
オーナー不在の『民主主義の理想郷』新時代のコミュニティー論 カリスマ性のあるコミュニティーオーナーに帰属する、人軸のコミュニティーから、パッションに帰属する、思想軸のコミュニティーへ。 それまでのコミュニティーには、コミュニティーオーナーという圧倒的な引力によってコミュニティ結束が強まっていた。 その中ではオーナーの「鶴の一声」が非常に重要で、コミュニティーの方向性はオーナーによって決められていた。今でもオンラインサロンはほとんどがこの形式だと思う。 しかしこれからは、オーナー不在、パッションドリブン、メンバーの総意がコミュニティの意志になる時代も訪れるはず。 コミュニティそのものが、「一つの意志をもった人格」のような存在になり、 互いに平等なメンバーの総意で物事が決まっていく。究極の民主主義。 今でも多くの組織は、三角形の階層型で、TOPの意志とルールによって統制されている。そしてそれが機能的に、合理的に動くほど、組織力が高められていることは事実だと思う。 その中で、パッションドリブンなコミュニティがどこまで機能できるのか未知な部分は多い。でも、コミュニティの多数決と総意で物事が決まる、 そんな「民主主義の理想郷」が生まれることに、可能性を感じずにはいられない。
305Picks
NORMAL