Picks
115フォロー
26827フォロワー
米ツイッター、ガーナにアフリカ初の拠点、大陸進出の足掛かりに
Reuters
梅本 優香里アフリカビジネスパートナーズ
日本時間の昨日、ツイッターの創業者ジャック・ドーシー氏がツイッターで発表していました。同氏は2019年にナイジェリア、南ア、エチオピア、ガーナに訪問。「アフリカに移住する」と言って株主に怒られ撤回した経緯があります。 どうやらガーナの物理的オフィスには開発者を置く様子。ガーナは、アフリカにおいて開発者が豊富な国ではないですが(南アやナイジェリア、ケニアの方が多いだろう)、新しいサービスが受け入れられやすい国民性があり、アフリカの中で先行してガーナで広まっているサービスはいくつかあります。モバイルマネーの普及度も高い。また、アフリカ的な豊かなカルチャーと発展が両立しており、なんとなくジャック・ドーシーさん好みな国な気はします。大統領など政府高官と話がつきやすい国でもありますね。今回のガーナへの法人設立も、事前にガーナ大統領と話をしていたようで、大統領も歓迎のツイッターを出していました。 ツイッターのサービス自体はいまでもアフリカでは使えます。アフリカにおけるツイッターは、政治家やメディア、著名人などの広報ツールといったところでしょうか。他のSNSに比べると利用が一般の人まで広範なわけではなく、FBやIGの後塵を拝していますが、反対運動や選挙キャンペーンではときに重要な役割を果たしています。
23Picks
「けた外れの悲劇」は起きなかった 根底から問い直すべき、私たちのアフリカ認識
朝日新聞GLOBE+
週刊アフリカビジネスヘッドラインニュース435号(2021年3月1日号)
アフリカビジネスパートナーズ
梅本 優香里アフリカビジネスパートナーズ
面白いニュースが多かった今週。エムスリーがナイジェリアの医療グループに資本参加しました。ナイジェリア、ガーナ、ケニアで私立病院を買収して遠隔医療などのオンライン化やオペレーションや調達の効率化を進めており、エムスリーが選ぶのがわかる感じの病院グループです。エムスリーはアジアはじめ海外展開もしていますが、フィナンシャルな投資の意味合いもあるかもしれません。 アフリカのeコマース最大手JUMIAは、2019年4月にNYSEに上場して以来、拡大路線から利益を出し累積赤字を削減する方針にかじを切りました。ドル箱の携帯や家電から日用品にシフトし、フルフィルメント請負の割合を増やし、販管費をかなり削るというドラスティックなもので、その成果がでて2020年決算では赤字を減らし粗利を増やしました。株価も順調。一方、流通総額や売上、オーダー数は鈍化しており、eコマースという事業の特性からしてこれが将来的なeコマースの普及、競争力の観点で吉と出るかどうかは不明です。 南アのデジタルバンクTymeのフィリピン進出も面白いですね。アフリカのスタートアップは次にアジアを目指すパターンも多く、日本企業がスタートアップに対してアピールできる点になるかと思います。 南アが議会に提出した予算案についてのニュースもとりあげています。いつもの予算案だけならとりあげないのですが、今回は経済回復ひいては個々のビジネスに影響がありえるもので、よい意味で予想外の予算案でした。 こちらに書いています。 https://newspicks.com/news/5674661
1Pick
NORMAL