Picks
50フォロー
2644フォロワー
日本でも話題を集める米国発の招待制・音声SNS「Clubhouse」、熱量の原動力は“FOMO”
DIAMOND SIGNAL
小島 舞子株式会社チャットブック 代表取締役
SNSを開発した経験から、2名の招待制ルールはセオリーを無視した大胆な挑戦です。 例えば100万ユーザーに到達するまでの軌跡を、「SNSの友達全員」と「2名だけ」だと後者は愚策に見えます。 しかし、Clubhouseの創業者は2013年HighlightというSNSアプリを作ってM&A(シリコンバレー的には失敗の部類)している、FacebookやSnapchat創業者と異なる40代の熟練した連続起業家です。 なぜこの戦略に振り切ったか。 Clubhouseでは爆発的な伸びを得るために、現時点では「ルーム作成者を増やすこと」をユーザー数よりも重視するプロダクト設計にしていると私は思います。 TwitterとFacebookは、新規アカウント登録時に複数人のフォローが必須で、ユーザーの定着に「友達数」が重要だと考えられます。 一方Clubhouseは、アプリ起動したら必ず誰かが今しか聞けない(FOMO)ルームを作って話していること。それがユーザーの定着に一番効果的だということで、フォロワー数が重要KPIでもないということです。 最後に、今後の行く末を知るために見るべきポイントは、アップデート時の追加機能です。 Pathのように閉じられたサークルでなく友達追加をたくさんさせるようになるか、TiktokのようにランダムユーザーをAIでレコメンドしてキャズムを超えていくか、というアプリ設計者の思想がアップデートに現れます。 私としてはC向けサービスで盛り上がりが見せるのはYOLO以来で、アプリの成長をとても楽しみに見ています。
891Picks
【最新】父親の加齢は子どもにこう影響する
NewsPicks編集部
小島 舞子株式会社チャットブック 代表取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
830Picks
NORMAL