Picks
662フォロー
1388フォロワー
衆院解散、総選挙31日投開票へ コロナ、経済対策が争点
共同通信
島野 仁旬鮮和食 仁や オーナーシェフ
真面目な話、投票率を上げるなら、自分の地元選挙区のように自民党にお灸は据えたいけど、そうなると共産党しかないみたいな、もう投票先がないパターンが多々あったり、すでに標榜していた二大政党制にはほど遠く、弊害はかりが目立つ小選挙区制はもう止めるべきで、これから人口急減社会に入っていくのだから、その対策も含めて中選挙区制に戻すべきだと思います。 それとお祭り騒ぎの中、1つ釘を差しておきたい。 今は感染者数は落ち着いています。今は。 飲食店を中心に、あれだけ密になるな、人流を産み出すなと言っておきながら、現状どう対策したって密を産みやすく、人流を作りやすい総選挙をやろうとしています。それに釘を差す人もほとんど見かけません。 冬は新型コロナが拡がりやすい季節です。ブレークスルー感染の懸念もあります。ただワクチン接種効果が見込まれ、重症者は非常に少ないはずです。ただ、感染者数はそれなりに増える可能性はあります。 季節性要因も一因との声もありますが、11月に入ってからもし感染者数が増えれば、それは間違いなく総選挙が一因です。 そのときに、まさかと思いますが飲食店に対する緊急事態宣言やまん防を緩めたからだと言わないですよね。まさかね。 本来ならワクチン接種効果で重症化はほぼしないのだから、ブースター接種を進め、軽症者用、中等症用の医療体制を強化すれば大丈夫という空気感を醸成すべきだと思いますが、総選挙第一義でそんな様子はみられない。 本当に大丈夫ですよね?
272Picks
【削除されました】養殖物2021年10月7日(木)
note(ノート)
島野 仁旬鮮和食 仁や オーナーシェフ
佐藤琢磨のインディカーシリーズ、レイホール・レターマン・ラニガンレーシングチーム離脱が決定しました。残念ながらまだ2022年プランの発表はなされずでした。。 琢磨はレイホールレターマンラニガンレーシングに移籍してからの4年間、昨年まではインディ500の二度目の優勝を含め毎年優勝していましたが、今シーズンの琢磨は予選は下位に低迷、結局それがシーズン最後まで続きました。 新型コロナ禍の影響で日程短縮のためにフリー走行の数が減少したグランプリが多く、セッティングを組み上げていくタイプの琢磨に不利に働いていた可能性が高いと言われています。 レースではシーズンを通していかに追い上げたかを競うタグホイヤーアワードを獲得するなど決勝では結果を残しましたが、チームメイトのグラハムレイホールとの差はいかんともし難く、結果だけをみれば離脱は仕方ないかもしれません。 が、今年のインディ500では最終スティントで燃費勝負を主張するチーム首脳陣と、それは不可能とピットインを強く主張する琢磨&担当エンジニアのエディーが争い、結局燃費勝負をし、狙うイエローは出ず惨敗。琢磨の主張する作戦なら結果的には優勝争いをしていたはずで、このポイントを加えればグラハムとはほぼ差はなく思えばこの辺からチームとの齟齬が生じていたかもしれません。 シーズン終盤には3台体制でチームは若手を積極的にテストし始め、この頃には琢磨がチームを離脱するという噂が広まり始めていたので、この決定にはそれほどの驚きはありません。ファンとしてはチームの戦略ミスやピットミスもあり、チームを替えた方が良いのでは?と思ったときもあったので、正直、ちょっと期待もあります。 ただ、琢磨ももう45歳。年齢的な衰えの可能性もなくはないです。 でも、レース内容を見る限りまだまだイケるという想いも強く、2019年のポコノのクラッシュで窮地に立った琢磨を全面的に支援してくれた恩義も確かにありますが、違うチームでレイホールレターマンラニガンレーシングを見返して欲しいという想いもあります。 現実的にみて、ホンダドライバーである琢磨のフルタイムドライバーとしての移籍先はすでに、アンドレッティ・オートスポーツに移籍したグロージャンの空席がある、デイルコインだけです。 何とかデイルコイン移籍のニュースが早く聞けることを祈るのみです。
佐藤琢磨のレイホール・レターマン・ラニガン離脱が決定。2022年プランの発表はなされず/インディカー
AUTOSPORT web
島野 仁旬鮮和食 仁や オーナーシェフ
琢磨はレイホールレターマンラニガンレーシングに移籍してからの4年間、昨年まではインディ500の二度目の優勝を含め毎年優勝していましたが、今シーズンの琢磨は予選は下位に低迷、結局それがシーズン最後まで続きました。 新型コロナ禍の影響で日程短縮のためにフリー走行の数が減少したグランプリが多く、セッティングを組み上げていくタイプの琢磨に不利に働いていた可能性が高いと言われています。 レースではシーズンを通していかに追い上げたかを競うタグホイヤーアワードを獲得するなど決勝では結果を残しましたが、チームメイトのグラハムレイホールとの差はいかんともし難く、結果だけをみれば離脱は仕方ないかもしれません。 が、今年のインディ500では最終スティントで燃費勝負を主張するチーム首脳陣と、それは不可能とピットインを強く主張する琢磨&担当エンジニアのエディーが争い、結局燃費勝負をし、狙うイエローは出ず惨敗。琢磨の主張する作戦なら結果的には優勝争いをしていたはずで、このポイントを加えればグラハムとはほぼ差はなく思えばこの辺からチームとの齟齬が生じていたかもしれません。 シーズン終盤には3台体制でチームは若手を積極的にテストし始め、この頃には琢磨がチームを離脱するという噂が広まり始めていたので、この決定にはそれほどの驚きはありません。ファンとしてはチームの戦略ミスやピットミスもあり、チームを替えた方が良いのでは?と思ったときもあったので、正直、ちょっと期待もあります。 ただ、琢磨ももう45歳。年齢的な衰えの可能性もなくはないです。 でも、レース内容を見る限りまだまだイケるという想いも強く、2019年のポコノのクラッシュで窮地に立った琢磨を全面的に支援してくれた恩義も確かにありますが、違うチームでレイホールレターマンラニガンレーシングを見返して欲しいという想いもあります。 現実的にみて、ホンダドライバーである琢磨のフルタイムドライバーとしての移籍先はすでに、アンドレッティ・オートスポーツに移籍したグロージャンの空席がある、デイルコインだけです。 何とかデイルコイン移籍のニュースが早く聞けることを祈るのみです。
5Picks
NORMAL