Picks
74フォロー
5397フォロワー
インドにセブン―イレブン1号店 目玉はスパイシーな軽食
共同通信
江藤 宗彦ドリームインキュベータ インド社長/インドVC投資責任者
満を持してのオープンで、再開するには良いタイミングです。 理由は3つ ① コロナが収束しつつある ワクチンの接種回数は述べ8億回を超え コロナの第二波が、ケララ州等の一部の地域を除き、ほぼほぼ収束し、 インドの社会経済は普通に戻ってきています。”梅雨明け"のような状況。 先の読めないコロナ禍では、何かを始めるには、いましかありません。 ② Modern Retailの成長余地は高い インドの小売りでは、リープフロッグ的成長がよく取沙汰されますが コンビニようなModern Retailも大きな成長余地があります。 特にメトロと1級都市で。 そして、 Modern Retailの中ではコンビニがインドにはフィットしやすそう。 インドはKirana(中小零細の個人商店)が、 市民の生活圏である街の隅々まで張り巡らされています。 百貨店やショッピングモールは開発が大変であまり作れず、 あっても渋滞がひどいので 買い物に行くのに片道2時間といった感じで 手軽ではありません。 スーパーもあまり大きなものはつくれない。 コンビニであれば、現在の街並みにスポットはめられ、 ローカライズした商品を取り扱っていけば、 現代版Kiranaというような位置づけを受け入れられる可能性。 ③ パートナーのRelianceの存在 Mukesh Ambani氏率いる現地提携先のRelianceは、 Reliance Jio(加入者4億人超の携帯通信サービス)の導入等で、 インドの社会を大きく変革させてきました。 また、昨年はFBやグーグルを含む米投資家から2兆円を調達し、 彼らとの資本業務提携を通じ、 インドのデジタル化の台風の目の一つになっています。 小売は外資規制が厳しい分野ですが、 Ambani氏のロビイング力があれば、安心でしょう。 また、一気にスケール化するでしょうから、提携相手としては心強い。 そして、インドのO2Oの新しいモデルを社会実装していける。 ただし、セブンイレブンにとって、良いパートナーではありますが、 いいところどりされないか、その点やや心配です。 インド国内の移動は随分緩和されてきましたので、 今度行ってみたいと思います。 セブンイレブンの今後に注目ですが、 ファミリーマートやローソンがこれを受けてどうされていくのか、 興味があるところです。
119Picks
NORMAL