Picks
5フォロー
39フォロワー
「東京都は緊急事態ではない」 グローバルダイニング、東京都の休業命令に従わないと発表
ITmedia ビジネスオンライン
1都3県「緊急事態行動」8日から営業時間短縮の前倒しなど要請
NHKニュース
村田 真一郎飲食店オーナー
酒類を提供しない飲食店にも時短要請、私は感染拡大防止に効くと思います。 感染拡大の原因が飲食店にあると言われてきましたが、感染ルートは大きく分けて二種類です。 ①お客様→お客様 ②料理人など飲食店従業員→お客様 従来は兎に角、酒がNG。深酒すると理性が働かなくなり、大声で騒ぎ、飛沫が飛び、お客様同士で感染拡大する、深酒やめましょう、というメッセージでした。 今回酒類を提供しない飲食店も時短要請されたということは、②の影響も大きいのでは?(1→大人数)と言うことではないでしょうか? ②の影響が大きいと思う理由ですが、例えば飲食店に勤める人がインフルエンザにかかった際、五日間ほど休むことなく(歩ける程度に回復し次第)復帰している話をよく聞きます。つまり、かかった多くの人がウイルスを持った状態で料理したり接客したりしていたと思われます。当然感染拡大します。批判を覚悟で書きますが、飲食店のモラルは余り高くない、ウイルスの感染拡大よりも目先の売上を優先してしまう、というのが実情と思います。 とにかく外食をしない、どうしてもする場合は、モラルが高いと自分が思えるお店を選ぶ必要がありそうです。 飲食店は味、サービス、雰囲気、コスパが重要と言われてきました。最近はエンタメも重視されるようになりました。今からは体調不良になったら必要に応じて1~2週間休む、というモラルが必要かもしれません。 自戒をこめて書きました。
286Picks
僕はなぜトヨタの人事を3年で辞めたのか
note(ノート)
村田 真一郎飲食店オーナー
従業員4万人のトヨタ系企業に17年勤めました。3年で見切りを付けられた点、若くしてのその判断力、羨ましい限りです。 私もいろんなことに疑問を持ち始めたのは、尊敬する先輩、色々語り合った同期の精神面での不調からの死でした。死因は全て心筋梗塞で処理されました。二人とも幼子がいましたが、彼らの家族がことを荒立てることはありませんでした。理由は押して知るべし、です。 文中で印象に残ったのは 「自分の人生を生きている感じがしない」 です。私の退職理由も、突き詰めるとこの一点に尽きます。 トヨタには“標準化”という仕事があります。どんな仕事も業務標準を作成し、担当がいついなくなっても、誰かがすぐに代われるように、書面にしておきます。多くの社員に個性は必要ありません。どんな仕事でも型に嵌める能力が必要と言えるかもしれません。 私は退職して飲食店経営を始めました。コロナ禍とあり、大変な経験をしておりますが、勤めていた会社に、トヨタ系企業に戻りたいと思ったことは一度も、一瞬もありません。 もちろん、この方と同じく、勤めていた会社を恨んだりしているわけではありません。感謝すべき点も多々あります。私には不向きだった、というだけです。
2009Picks
NORMAL