Picks
25フォロー
5フォロワー
一生使える「文字組み」ビギナーズガイド
NewsPicks編集部
Ueda Ruriko早稲田大学
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1662Picks
【鉄則】伝わる資料は、「余白」で決まる
NewsPicks編集部
Ueda Ruriko早稲田大学
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3225Picks
【新】名画に学ぶ「ピンチをチャンスに変える」知恵
NewsPicks編集部
Ueda Ruriko早稲田大学
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
873Picks
【新】アップルウオッチを猛追する、指輪型ガジェットの実力
NewsPicks編集部
Ueda Ruriko早稲田大学
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1559Picks
生の体験をどう取り戻すのか
NewsPicks Studios
Ueda Ruriko早稲田大学
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
269Picks
これからの都市と建築
NewsPicks Studios
Ueda Ruriko早稲田大学
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
333Picks
今のビジネスに必要なのは、「社会」を変えるイノベーションだ
NewsPicks編集部
Ueda Ruriko早稲田大学
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
568Picks
「iPhoneと同じことが起きる」アップルカーは3年以内に自動車業界を根本から変える
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
Ueda Ruriko早稲田大学
(1)単なる「EV」ではなく「EV×自動運転車」を目指す アップルカーは単なるEVではなく、自動運転車であることが明らかになりました。また、CASEのS(サービス)においては、サブスクリプションモデルを併用して展開してくる可能性が高いと見ます。 (2)インダストリアルデザインの細部にまでこだわる 事業構造を見ても、ハード、ソフト、コンテンツ、クラウドなど広範な事業領域をカバーしつつも、主な売上はiPhoneによるものです。その意味でアップルは典型的な「ものづくり」の会社であり、やはりメーカーなのです。 3)「製品」のみならず「エコシステム」にこだわる アップルはものづくりの会社ですが、これまで論じたとおり、アップルがハードとしての車を提供するだけにとどまることもないはずです。iPhoneがiOSやアプリ販売のアップストア、音楽配信のアップルミュージックなど各種のサービスからなるエコシステムの中心に位置しているように、「アップルカー」では、スマートカーを中心に置いた新しい生活サービスのエコシステムを構築してくるに違いありません。 (4)「自分らしく生きる」ライフスタイルブランドとしての車 アップルは、製品を通じて「新しいライフスタイル」を提案することで、熱狂的なファンを生み出してきたブランドでもあることを忘れるわけにはいきません。例えば携帯音楽プレイヤーのiPod。音楽データ配信サービス「iTunes」と併せて提供することで、音楽=CDで聴くものから、音楽=データ配信で聴くものに刷新し、「いつでもどこでも、聴きたい音楽を買い、聴ける」という新しいライフスタイルを提案しました。 またテレビCMでは「Thinkdifferent」というメッセージを打ち出し、「自分らしく生きる」人々を後押ししてきたアップルです。アップルカーもまた単なる車というより、ライフスタイルブランドとして提供してくるはず。そこに込められた信念や価値観に共感するユーザーが、アップルカーのユーザーになるのです。 (5)気候変動対策
831Picks
まさにコンクリートジャングル! 新宿西口に「超高層ビル」が集中しまくってるワケ
アーバン ライフ メトロ
Ueda Ruriko早稲田大学
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
Appleのティム・クックCEOが「VivaTech 2021」で語った注目する技術と未来の方向性
ITmedia PC USER
Ueda Ruriko早稲田大学
クック氏の答えを受け、ラクロワ氏は「人間性とテクノロジーの交差点」でも重要なプライバシーの問題に切り込む。 生前、創業者のスティーブ・ジョブズ氏は「プライバシーで重要なのは、分かりやすい言葉で表現すること」と語っていたという。人々が何にサインアップし、何を許可するのかをきちんと理解し、許可は繰り返し求めるべきだという考えも示していた。  クック氏は「監視経済が進み、プライバシーが重要でなくなった世界」の想像を促すと「誰もが誰かに監視されている心配をし、表現の自由が狭まるような世界には住みたくはありません」と自ら答え、Appleにとって「プライバシーは重要な価値観の核心をなす」と答えた。  その上で、注目している新技術の1つとしてAR(拡張現実)とAI(人工知能)、そしてヘルスケア技術への期待を語った。  ARは生活を向上させる、AIは人々の生活を妨げているものを取り除き、仕事をし、人々の余暇を増やす、そして車の警告灯のように身体の状態を常に監視して、異常を知らせてくれるヘルスケア技術に大きな期待を寄せているという。  ただ、Apple製の自動車、「Apple Car」については「Appleは秘密のある会社。いくつかの秘密は袖の下に隠しておかなければいけません」という聴衆の笑いを誘うジョークで答えを回避した。
104Picks
ファミマ店内にシェアオフィス誕生 22時間営業で、急増した需要に対応
ITmedia ビジネスオンライン
Ueda Ruriko早稲田大学
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
226Picks
NORMAL