Picks
70フォロー
41946フォロワー
「声の商人」が作る、YouTubeにない価値
NewsPicks編集部
牧野 泰才東京大学大学院新領域創成科学研究科 准教授
今は皆がスマホを持っているので,いかにスマホ利用時の自社サービスの利用時間を増やすか?というのがこういったサービスの戦略になると思うのですが,そこを突き詰めていったときに,視覚が使えない状況というのは結構あって,そこをどういうサービスで埋めていくのか,というのはまだ余っているんですよね.単に音楽サービスで埋めるのではなくて,別の価値を,というのがそこに入っていくのだと思います. Audibleというサービスを利用してオーディオブックをよく聞くのですが,その中にBeatfitという音声のフィットネスコンテンツがありまして,よくよく考えると,トレーニングやストレッチのときって,姿勢がかなり変わるので画面を常に見ていることって難しいんですよね.こちらは音声のみで動作を理解してもらえるように解説してくれているのでとてもわかり易いです.ウォーキング時に使えるコンテンツもあって,これなんかは映像コンテンツではできないなぁと思います. こういう感じで,今は視覚情報で伝えるのが普通と思われているコンテンツであっても,音声に置き換えても良い,あるいは音声に置き換えたほうが良い,というものもまだあるように思います. 以前,Meta社が触覚研究に進出しているという話を書いたことがあるのですが, https://newspicks.com/news/6163908 これも視聴覚が埋まっている状況でいかにスマホ時間を奪うか,あるいは,視聴覚が埋まっている状況から,それが開放されたときにいかに自社のサービスに誘導するか?という文脈で触覚が考えられているのだと思っています.触覚がもっと使える,となれば,視聴触覚で時間を奪い合う,となるかもしれません(触覚はそこまで使えなそうですが...)
165Picks
ファミマ、ロボットで飲料補充 店員の作業時間2割削減
日本経済新聞
NORMAL