Picks
399フォロー
25097フォロワー
「日本人のコロナ自粛はすごかった」上から目線で"緩み"に怒る人はこれ以上なにを望むのか
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
奥谷 孝司オイシックス・ラ・大地株式会社・株式会社顧客時間 執行役員 Chief Omni-Channel Officer/ PhD Student / 共同CEO 取締役
解けない課題を、解けない多くの人を巻き込み、考えいるフリをするリーダーと専門家。 まるで昔のサービス残業を続ける日本企業の、夜を見ているようだ。 この記事にもある通り、そろそろ我々(専門家でも、政治家でもない人)に出来ることは、積極的な見切りをつけて、自分で出来ることへの責任ある行動と、国からの最低限の義務遂行、そして自己判断、他者判断に対するリスペクト、これだけでしょう。 我々がコロナについて考えることは、時間の無駄でしかないのですから。そして、我々はやれることはやりつつ、前を向いて生きていくしかないのですから。 ↓ (下記記事より引用) たぶんどこかの時点で見切りをつけざるを得ないだろう。そしてここで見切りをつけるというのは、コロナ感染者が増えても、もう気にしないということだ。ワクチンの接種までは、とにかくやり切ろう。でもその後は病院が一時的にあふれても、憂慮してみせたり、緊張感を持って注視くらいはするけれど、でも原則は放置するということだ。補助金とかはつけるかもしれない。でも他の人びとの行動を大幅に制約するような施策はもう採らない、ということだ。
421Picks
NORMAL
Premiumを無料で体験
登録・ログイン