Picks
11フォロー
25フォロワー
【必見】ユニコーン創業者が、大臣になる理由
NewsPicks編集部
Okano Yoji商社系シンクタンク リサーチャー(在シンガポール)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
407Picks
絶対に「失敗しない」プレゼン10大原則
NewsPicks編集部
Okano Yoji商社系シンクタンク リサーチャー(在シンガポール)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1250Picks
インド・タタ、食品ネット通販買収へ
日本経済新聞
Okano Yoji商社系シンクタンク リサーチャー(在シンガポール)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
【週末に読む】バイデンの中国外交、7つのファクトチェック
NewsPicks編集部
Okano Yoji商社系シンクタンク リサーチャー(在シンガポール)
東南アジアにおいても、バイデン政権のアジア関与への期待も高く、ASEAN各国の有識者等へのアンケート結果に如実に表れています(シンガポールのシンクタンク、ISEASユソフ・イシャク研究所が実施)。 「米国の東南アジアへの関与は増えるか」との問いでは、 2020年(トランプ政権下)-増える:10%、減る:77% 2021年(バイデン政権下)-増える:69%、減る:7% と、米国の東南アジア関与は増えるとの期待が圧倒的です。 「米国は信頼できる戦略パートナーか」との問いには、 2020年-信頼できる:35%、信頼できない:47% 2021年-信頼できる:55%、信頼できない:24% と、「信頼できる」との回答が明らかに増えました。 「米中いずれかの選択を迫られたら、どちらを選ぶべきか」との問いも、 2020年-米国54%、中国46% 2021年-米国62%、中国39% となっており、米中の差が開きました。もちろん、国によってこの比率には大きな差がありますし、そのような状況に陥らないというのがASEAN各国の理想ではありますが。 バイデン政権への期待が高いからこそ、実際はそうではないと分かった時には、米国への落胆は大きいものになりそうです。 レポートはこちらです。 https://www.iseas.edu.sg/wp-content/uploads/2021/01/The-State-of-SEA-2021-v2.pdf
562Picks
NORMAL