Picks
0フォロー
876フォロワー
在宅勤務の会社員、約半数が「キャリアへの関心薄れた」 英調査
BBC NEWS JAPAN
青山 朝子日本電気株式会社 グローバルファイナンス本部長
英保険最大手アヴィヴァの調査によると、会社員の47%が、新型ウイルスのパンデミックの影響で自分のキャリアを重視しなくなったというレポートが出ているが、約5人に2人が「仕事から頭を切り替えられない」「常にオンの状態になっている結果、会社員の40%が仕事による燃え尽き症候群を懸念している」と記事は指摘している。特に女性は仕事と家庭の境界があいまいになることで、より深刻な影響が出ているとか。  確かに家にいると、家庭の”仕事”をすることを期待される一方なので、常に働くモードになって女性は自分の時間が取れない、ということがあります。性差の大きな日本ではより深刻な問題だと思います。  一方で、大事な家族との時間も増えているのは事実。私もテレワークになって、週日の家族との夕食時間をどれだけ犠牲にしてきたのか改めて気付きました。大事な会議といっても家族との夕食より大事な会議はない!と思って、ファミリータイムをブロックしている分、その後仕事をすることが多いのも事実。常に世界とビデオ会議でつながる分、時差で夜が遅くなったり、朝早くなったりする傾向も増えました。  ニューノーマルで自分が何に価値を置くのか、じっくりと考えるのもキャリアの選択では重要です。キャリアの関心が減少した、というよりも仕事との向き合い方が変わってきた、ということではないでしょうか。
296Picks
「仕事が遅い」と思われている人が根本的に勘違いしていること
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
楽天が目指すグローバルな企業文化 個人と組織と社会に「ウェルビーイング」を
Forbes JAPAN
青山 朝子日本電気株式会社 グローバルファイナンス本部長
個人のウェルビーイングなくして、組織のウェルビーイングなし。組織のウェルビーイングなくして社会のウェルビーイング なし。三方よしの考え方が根付く日本では、比較的理解を広めやすいウェルビーイングだが、さて、どういった状況がWell-beingなのか、きちんと考え、コミュニケーションをする必要がある。  この記事では、楽天のChief Well-Being Officer (CWO)である小林氏が2019年にこのポストを作った思いとして、たとえ素晴らしいビジネスモデルがあったとしてもどんな価値観をもつ人や組織が運営するかによって質が変わる。だから企業文化は極めて大事であり、Well-Beingをこの企業文化の軸にすえると仰っている。  コロナになって、オンライン会議を中心とした会議になるにつれ、生産性は上がる一方、バリューを共有するなど、感じる部分が希薄になっている。将来に不安を感じる状況になるからこそ、意識的なコミュニケーションや雑談を増やすことが必要だと小林氏は説く。  私も同じ思いである。ZOOM会議での雑談は本当にやりづらく、手探りの状況が続くが、同じ思いを持つ企業同士がアイディアを交換したり、繋がったりすると新しいコミュニケーション方法や新しい価値観が生まれるだろう。一方、それは三方よし、につながり、社会課題を解決し、社会課題を解決していけるようになる。そういった社会や組織を作っていくことが今後一人一人に求められると思う。
142Picks
NORMAL