Picks
3フォロー
61フォロワー
【投資の始め時】30代になったら、収入の16%で運用を始めよう
NewsPicks編集部
北川 宏週刊ワイズ(Weekly WiSE) 編集長
【お金の知識は大切です】 どんなに言葉を並べても、お金がなければ生活はできません。 お金の知識を知っておくことは大事ですね。 生活水準を下げられないのもわかります。 まして、家族がいればなおさらです。 そうであれば、もっと稼ぎが大きくなるよう努力しながら、 いまできることをやっておくのも重要ですね。 貯金なのか、投資なのか。 収入ー貯蓄・投資=支出の考えは確かにですね。 何かはじめる一歩ですね。 最後に「思い込み」。これは本当に悪です。 「老後2000万円必要」。ではないですが 「ミャンマーは最後の楽園」という言葉に踊らされ 多くの日系企業が進出しました。 結果は、大手企業は体力があるので、市場が拡大する前に投資して、 市場成長をじっと待つことができますが、目先の利益がすぐに必要な 中小企業は、我慢できずに撤退を余儀無くなされています。 また、「ラオスは人口が少ないから雇用が不安」という言葉を 多くの日本人が使います。 ただ、大手企業が1000人や2000人すぐに欲しいというならわかりますが、 100人や200人で十分という規模の企業であれば、ラオスで十分賄えます。 メディアが書く記事は、大手企業向けです。 情報を鵜呑みにして、全ての企業に当てはまるわけではありません。 「思い込み」。よくないですね。
2822Picks
「勝つチーム」ではなく「勝ち続けるチーム」の条件とは
年収1500万→半減でも人生最高。外資系広告マンが惚れた銭湯という“ビジネスモデル”
Business Insider Japan
北川 宏週刊ワイズ(Weekly WiSE) 編集長
「家業を事業にすること」。 「個=銭湯」のチカラがあるからこそ、後は事業計画をキチンと作り込み、実践することで、確実にこれまで以上のチカラを発揮するわけですね。 もともと“チカラ”のある商材・サービスは、まだまだいっぱいあるのでしょう。 農業もそのひとつですね。すでに、新しい形の農業をしている生産者や企業が出てきていますよね。 漢方薬の「ツムラ」の漢方はほぼ全ての原材料を買っていました。 そこから北海道とラオスに自社農園を作り、原材料の内製化をはじめました。 ツムラの農園があるのはラオス南部のボラベン高原という場所です。 普通の日本人は知らない場所ですし、行くこともないでしょう。 そこに数百ヘクタールの農園を運営しています。 そこのマネージャーは、日本で農家だった方です。 私が海外で農業は大変でしょうと聞くと「そんなことはありません。むしろ計画的にできますよ。日本の農家は家族経営が多く、色々な理由をつけて計画を変更しちゃいますが、法人運営の農園は違います。今日はココで◯◯作業をして、足は......。計画的農業できていますよ」。 「家業を事業にする」。 これだけでビジネスとして、さらなる成長を遂げるモノやサービス見つけていきたいですね。 ちなみに、ボラベン高原には他に山本農園という日本人が経営する農園があります。何度も取材をしてきました。成功まではもう少し先となりそうですが、パイオニアとして成功すると私は信じています。 どこにいても、頑張れ日本人!ですね。
637Picks
【直撃】アマゾンと挑む、日系スタートアップの物流改革
NewsPicks編集部
北川 宏週刊ワイズ(Weekly WiSE) 編集長
地域の宅配便センターからエンドユーザーまで「ラストワンマイル」の物流改革。 これは日本だけでなく海外でも使えますね。 カフェや飲食店、書店、コンビニなど、あらゆる指定場所で受け取れることで、 契約店舗(受取契約店)にも利益をもたらす。 物流会社・ユーザー・街の契約店の皆が喜ぶ仕組み。 まさに「共存共栄」ですね。 ちなみに、バンコクではコンドミニアム(マンション)の事務所で荷物を預かってもらえるので、そこに取りに行くだけです。重い荷物は事務所の人が部屋まで手伝ってくれます。 よく、配送会社あるいは、EC会社が配達状況をネット上で知らせてくれますが、さらに「◯◯に配送済みです。24時間あるいは◯◯時〜◯◯時まで受け取れます」とのメッセを送ってくれるとサービスかなり向上です。もしくは受取契約店がそれを行う? など、地域にとって足りないサービスを付け足すだけで、さらに広がる気がします。 ASEANはこれからが物流市場が活性・拡大する地域です。 しかも、それが徐々にではなく、部品や機械からEC(個別配送)などなど、あらゆる物流が同時に増えています。 爆発的に増える荷物に対し、日系大手も入ってはいますが、まだまだ足りないでしょう。 中国物流企業もどんどんタイへ進出しています。 チャンス拡大・競合ひしめく巨大市場が陸ASEAN(タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・ミャンマー・中国雲南省)には広がっていることは確かです。 ASEANの物流はこれからなので、こうした日本の新しい試みが活用できたり、チャンスあるかと思います。 物流は経済の要です。まだまだ面白いですね。
651Picks
NORMAL