Picks
78フォロー
60フォロワー
商圏内で敵なし!? 「スマホでケンタッキーフライドチキンを検索」に隠された戦略
ITmedia ビジネスオンライン
荒井 智也株式会社 地域新聞社
2018年からV字回復を遂げて以降、好調をキープしていますね。 KFCが戦略的に好調を保っているという記事です。 有名な話ではありますが、V字回復の要因は「普段使い」を強化したことでした。 なにせ、ケンタッキーは年に数回、記念日以外は利用しないのが普通でしたし、今でもそういった方は多いのではないでしょうか。 そこに、500円ランチを導入しました。 2018年当時のイメージですが、12時頃にマックで軽食を取ろうとしても、レジは並ぶし店内は混雑しているし、で一定の不満をもっている層がいたように感じます。 そんなさなか、KFCの500円ランチを利用してみたら、スムーズで快適に利用でき味もおいしい、、、満足度が高い方も多くいらっしゃったのではないでしょうか。 私は当時からちょいと仕事をしたいときは、KFCを選んでいましたが、気づくと席がどんどん埋まっていったことを思い出します。 そして、コロナ後はデリバリーを強化し業績を伸ばしていきました。 すべてを支えているのは「マーケティング」だったということです。 ▼まとめ ・2017年の不調時に「2層マーケティング戦略」で復活KFCが力を入れている ・デジタルマーケティングの一つに「Googleマイビジネス」がある ・もちろん唯一無二の看板商品「オリジナルチキン」の味ありき 家で食べる習慣があったこともコロナ後に強い要因の1つかと思われます。
65Picks
スシローが「コロナでも最高益」をたたき出せたビジネスモデルの独自の強みとは? - 事例で学ぶ「ビジネスモデルと戦略」講座
Diamond Online
荒井 智也株式会社 地域新聞社
さすがスシローさんです。 スシローさんのビジネスモデルと戦略に関しての記事です。 こういった記事を読んでいると、結局は「顧客ニーズを満たすこと」と「顧客ニーズを創ること」の両軸をフルスピードで回せる企業は強いなと。 例えば、スシローさんは新商品を2週間に1回出しているとのことですが、点でみると新商品が売れた売れない、があると思います。 もちろん、開発部としては売れることが必須の反面、直接の現金回収(売上)とは別に、イメージ戦略面、参入障壁を考えるとプラスになっていると。 景気が悪くなると、大半の企業は目先の現金回収に走り、ブランドを捨ててしまい、企業が衰退していきます。 スシローは原価率が高くても利益率がくら寿司の倍となっているのは、見事です。 私的に他チェーンと比べると圧倒的にネタがおいしいと感じますが、気のせいでしょうか。 ▼まとめ ・顧客価値におけるスシローの特徴を言えば、「すしへのこだわり」 ・すしを軸としたポジショニングを外さない王道戦略を貫いている ・「羽田市場」に出資し、業務提携をしている ・年間を通して約2週間に1回の頻度で、すしを軸とした新鮮なメニューの提案とプロモーションを展開 ・利益率の秘訣は客単価の向上 ・加えてITを駆使した接客の自動化と生産性向上で店舗の運営コストを低減 ・食べた皿の枚数をAI搭載のカメラで画像解析し、支払い額を自動で計算するシステムの導入も進めている 今後も伸びていきそうですね。
13Picks
毎日コーヒー2本、高速道路初のサブスク NEXCO西日本×コカ・コーラ
レスポンス
荒井 智也株式会社 地域新聞社
飲食、飲料関連でサブスクリプションってコロナの影響もあり流行りきらない印象ですね。 NEXCO西日本さんとコカ・コーラさんが月額3,500円でコーヒーサブスクを開始した、という記事です。 一時期、ラーメンサブスクも登場していましたが、コロナ後はそういった話題も少なくなりました。 ばんからさんやラーメン野郎さんの食べ放題のサブスクサービス、興味あったのですが、現状はなんとも厳しそうですね。 そもそも、食事って年齢、環境の変化によって好みが変わっていきますが、日によっても差が出る人もいると思われます。 また、日本ではコンビニが生活に馴染んでいるため、1杯100円のコンビニコーヒーが口に馴染むとなかなか離れられないですよね。(安いですし) 今回の企画は期間限定で先着500名様のため、在庫の上限が500名×1日2本×30日で30,000本と読めるので、リスク回避もしやすいのかなと。 とはいえ、こういった企画はまずはやってみることが大事だなとつくづく感じます。 コカ・コーラさん、売上は好調とは言い難いですが、利益率はぐんぐん伸ばしています。 メーカーは在庫との戦いです。 在庫をきっちりさばけるサービス展開は後々数字に表れると思います。 ▼まとめ ・NEXCO西日本グループとコカ・コーラ ボトラーズジャパンのサブスク企画 ・月額定額で500mlコーヒーを1日2本、サービスエリア・パーキングエリア(SA・PA)で受け取れる ・「ハイウェイコーヒーパス」を7月1日から約6か月間、期間限定で提供 ・NEXCO西日本管轄のSA・PA48店舗にて受け取ることができる 尿路結石には気を付けましょう。。。
33Picks
巻いて使う画期的なシート製ストロー「STROLL_01」
TABI LABO
荒井 智也株式会社 地域新聞社
へぇ~小学生が考えた案が商品化されたんですね。 巻いて使う画期的なシート製ストローが発売されたことに関する記事です。 素材はプラスチックなので、脱プラスチックとはいきませんが、まずは減プラからということですね。 確かに、脱プラのために紙のストローを提供しているところもありますが、結局は全部捨ててしまいます。 紙も大事な資源ですので、なるべく消費しないほうがいい。 そうなると、年間200本のプラスチックを捨てるのか、紙を捨てるのか、1本のプラスチックを利用するのか、と考えた場合、1本のプラスチックを利用したほうが、圧倒的に環境に良いですよね。 気になるところは、使用した後、飲み物が付いた状態で広げて、どのように持ち歩けるかですね。 1日2回、3回と利用する場合でも手軽に利用できる仕組みがあるといいなと。 ▼まとめ ・小学生の自由研究から画期的なシート製のストロー「STROLL_01」が誕生 ・1枚のシートを自分で巻いて円筒状にして使用 ・環境へのやさしさとつくる楽しさを兼ね備えたエコストロー ・特許出願、1年以上の開発期間を経て商品化 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 『STROLL_01』 【価格】594円(税込) 【カラー】4色(NAVY , MAUVE PINK , KUMIKO ORANGE , KUMIKO GREEN) 【材質】PET、PE 【販売】「光浦醸造」オンラインショップで先行販売中(https://mitsuura.jp/wp/stroll/)2021年7月1日(木)より一般小売り販売を開始予定 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
3Picks
持続可能な養殖水産物「ブリヒラ」とは 家食需要に商機
FNNプライムオンライン
荒井 智也株式会社 地域新聞社
完全な養殖水産物になるんですね。 持続可能な養殖「ブリヒラ」がベイシアで6/16から販売開始になることについての記事です。 ※少し情報が足りなかったため、下記サイトで詳細を補足しました。 https://newscast.jp/news/5323164 ブリは冬が旬で、ヒラマサは夏が旬のため、掛け合わせると年中おいしい魚になるんですね。 こちらは完全養殖のため海から稚魚を捕獲しない、水産資源を全く消費しない仕組みとなっているため、持続可能な水産物です。 また、安定して育成できるため、需要に合わて漁獲することで、食べたいときにいつでも食べられ、かつ価格も時価に左右されずにお客様に提供できるということでしょう。 そのうち、おかそだちサーモンなど含め、養殖専門店みたいなものができるかもしれませんね。 別途、「自然界」でもブリとヒラマサの交雑魚は一定数存在するということに少し驚きました。。。 ▼まとめ ・株式会社ベイシアは2021年6月16日(水)から「ブリヒラ」ベイシア全店舗で販売 ・小売りで国内唯一 ・ハイブリット種の本格生産を数年がかりで実現したことは世界初の事例 ・水産資源の枯渇問題に立ち向かう 近所のベイシアにも売ってるのかなぁ~
【食品ロス削減】、フラッシュフード!SDGs目標12でモバイル・アプリが静かに拡大? - 後藤文俊
BLOGOS - 最新記事
生物多様性を支えるサンゴ礁の危機 サンゴを守り再生する活動を知ろう
HATCH |自然電力のメディア
荒井 智也株式会社 地域新聞社
いやぁ~非常にロジカルで胸に刺さる内容でした。 サンゴ礁が絶滅の危機に向かっているという記事です。 私、海関連の遊びはほとんどやりませんが、沖縄やオーストラリアでシュノーケリングした際に、とても感動したことがありました。 特に、沖縄のサンゴ礁は世界でもTOPレベルの美しさでした。 温暖化だけでなく、海の汚染によりサンゴ礁が破壊されていることは数十年前から言われていました。 ロジカルな記事を読むと「このままだとサンゴ礁が見れなくなる日も近いんだなぁ」とリアルに感じてしまいます。。。 そんな中、「サンゴマップ」を立ち上げてサンゴ礁を守ろうとしている会がありました。 https://www.sangomap.jp/ 「実行員会について」の中に、「バナーを貼ってください」とバナー素材を開放していました。 詳細はHPにありますので、ご覧いただければと思いますが、どんな世界にも諦めずに取り組み続ける方がいらっしゃると思うと、勇気づけられます。 ▼まとめ ・サンゴ礁は地球の表面積の0.1%の面積程度でありながら世界の海洋魚種の25%、約9万種もの生物が生息している ・環境問題の影響で、絶滅の危機にさらされている ・サンゴ礁を守るためにできる大きな2つがある ①1つ目はサンゴ礁の役割や現状について興味を持ち、理解を深めること ②地球温暖化問題解決への貢献 私もできることから協力していきます。
5Picks
「接客の中心は聴覚障害のある人たち」スタバが国立駅に異例の新店を開いたワケ
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
荒井 智也株式会社 地域新聞社
今後は当たり前になっていくのでしょうね。 スタバが異例の新店を開いたという記事です。 本質的には、おいしいコーヒーを気持ちよく購入出来て、店内や自宅でくつろげれば購入者は満足します。 購入する際、意思を伝える方法が「言葉」か「ジェスチャー」かの違いで、「言葉」が通じる前提で注文している自分に気づけることが大事なのかもしれません。 今後はデジタルも台頭してくるため、すべてタッチパネル注文等で言葉の壁を越えることが安易になります。 コンビニですらセルフレジが増えつつありますが、ひと昔は従業員に対して「言葉使い」や「お辞儀の角度」などを徹底的に指導していました。 私がコンビニ本部で働いていた頃、店舗の端と端に従業員を立たせて挨拶の練習を行い、「全然聞こえない!」とかやってました。 障がい者にとって生きずらい(というか生きられない)環境だったことが今なら想像できます。 別に、従業員の内訳として「従業員22人のうち16人が聴覚に障がいをもつ」とありますが、マイノリティうんぬんの観点から行くと、これが正解なのかなと改めて思いました。 マイノリティと呼ばれている側の人数を多くすることは大事だなと。 国会や会社役員の女性比率が低いことが報道されたりします。 フランスなど海外のように比率を固定して女性の割合を増やすことでしか分からないことが多くありそうですよね。 相互理解、大事です。 ▼まとめ ・スタバが国立駅に聴覚障がいのある人が多く働く新店舗を開店 ・従業員22人のうち16人が聴覚に障害をもつ ・レジでは指差しやタブレットを活用し注文する コロナが落ち着いたら寄ってみます。
187Picks
【現地発】通勤圏外に希望者殺到。「ネオ住宅ブーム」最前線
NewsPicks編集部
荒井 智也株式会社 地域新聞社
日本では実際どうなんでしょうかね。 アメリカでネオ住宅ブームがきた、という記事です。 私は現在、出社が必要な会社のため、会社から離れることは難しいです。 実際に「どこでも働ける」とう状況になったら、郊外に行きたくなるのでしょうか。 完全オンラインの副業で新規事業関連の仕事をしていますが、完全オンラインのため皆様自由で、ロシアや台湾などからZOOMで繋がっています。 しかし、親や子供の兼ね合い等で、今の場所からあまり離れられない方も多いのかなと感じます。 別途、以前、千葉県の木更津エリアのコンビニ経営者の方は「コロナ後に売上が上がった」とおっしゃっていました。 単純に都内通勤者がリモートに切り替わり、自宅近くのコンビニへ買い物に行っているだけだと思いますが、現在は住宅も売れているのかもしれませんね。 住まいを買わない選択をする人も増えており、5年前には想像できないほど多様化が進んでいます。 私も今年9月からフリーで働く予定です。 メインは完全オンラインとなりますので、自分の心境の変化もリサーチしたいと思います、笑 ▼まとめ ・アメリカでは今、自主隔離に疲れた人が新築戸建てブームを牽引 ・住宅価格はこの1年で11.3%上昇 ・都市を脱出した人は戻らない にしても、記事の感動ストーリー、アメリカンで面白いかったです。
333Picks
逃げ切れる? 「AirTag鬼ごっこ」実験 - ストーキング防止対策機能はどこまで有効か
マイナビニュース
ファミマ、遠隔操作できる商品陳列ロボを10月から実運用へ 全店展開も検討
ITmedia NEWS
荒井 智也株式会社 地域新聞社
とうとうここまできましたね。 ファミリーマートで遠隔操作ができる商品陳列ロボの実験が開始されたという記事です。 昨年の夏からざわざわしていた領域でしたが、とうとう実装ですね。 飲料が置いてある空間をウォークインと呼びますが、ウォークイン業務は ①商品発注 ②商品納品 ③商品品出し ④在庫整理(棚に在庫を並べる) ※適時、空箱の段ボールを潰す という流れがあります。 ①はすでに自動発注機能があるため人の手から離れつつあり、遠隔機能があれば遠隔で可能です。 ③と④は一定の条件が揃えば品出しが可能なのかと思います。 その一定の条件を揃えることも含めて②はまだまだ人の手が必要です。 (現場では「ルールに則って在庫整理するのめんどいよ~」という声が上がっていそうですが。) これ、何が凄いかって、コンビニに全く興味がない方も業務を行ってもらえる可能性が高いということです。 例えば、シンプルに主婦ゲーマー。 ポイント制度をつけて最低時給で働いてもらい、ポイントが溜まったらファミマのオンライン商品を買える、とか企画を立てれば、人手不足で派遣を多用した場合の人件費より圧倒的に安く済みます。 介護が必要で自宅にいなければならない方など、事情がある方も積極的に働けそうで、社会にとっても良いことだと感じます。 そのうち、派遣会社で「人」ではなく「ロボ」を貸し出す日が来るかもしれませんね。 ▼まとめ ・ファミマがロボットベンチャーのTelexistence(東京都港区)が開発した遠隔操作ロボットを10月から実運用 ・商品陳列ロボットの名前は「Model-T」 ・全店への展開を検討 純粋にやってみたいです。
113Picks
「TSUTAYA」閉店あちこちで サブスク全盛時代にレンタルから次の一手へ
J-CASTニュース
荒井 智也株式会社 地域新聞社
時代の流れには抗えないですよね。。。 蔦屋が次々と閉店しているという記事です。 私の近所の蔦屋も閉店していました。 記事内に「ドミナント戦略のため」とありましたが、コンビニや飲食店のように生活のインフラ的要素は少なく、エンタメ要素(空間売り)が強いため、建前の回答のように感じました。 シンプルに「ライフスタイルの提案」のために、 ・地域事業サービス ・ITサービス ・書店とカフェの融合型店舗 を軸にしているだけかと思われます。 DVDも本も店舗で何となく探して衝動買いをするのが楽しみの一つでもありましたが、DVDは必ず自宅に持って帰られないと見れないため、「カフェ」など他との親和性は低く、ハイブリッドな展開が難しい側面もありそうですね。 また、本に関してはDVDより「新品であること」「紙で読むこと」に一定のバリュー=一定のニーズ、がありますので、展開しやすいのでしょう。 逆に、「映像」は配信やサブスクと親和性が高いため、よりリアルレンタルを切り離す必要がありそうです。 ▼まとめ ・「TSUTAYA」が、各地で閉店が相次いでいるとツイッター上に書き込み ・ドミナント再編等の一貫として一部の店舗を閉店している ・今後はレンタル事業にとらわれない よくレンタルしてた頃が懐かしいです~
NORMAL