Picks
5385フォロー
1313フォロワー
【矢野和男】データを活用し、「幸せになる」ための体系的な方法を学ぶ
NewsPicks NewSchool
佐々木 一寿経済評論家 研究者 作家
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
100Picks
【解説】どうなる?クリエイティブ「総運用」時代のマーケティング
佐々木 一寿経済評論家 研究者 作家
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
302Picks
東大生を超える「日本語AI」、最新の頭脳をあなどっていないか
佐々木 一寿経済評論家 研究者 作家
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
376Picks
堀江貴文のマネー論「貯金は『お金の飼い殺し』だ…!もっと正しい利用法がある」
マネー現代
「異形の緩和」効果不発=遠い物価目標、見えぬ出口―長短金利操作導入から5年
時事通信社
佐々木 一寿経済評論家 研究者 作家
まずヘッドラインに関して「異形」とのことですがどの部分でしょうか、時事の記者はそれを明確にした方がよいと思います 金融緩和政策に関しては現代の経済学で言えば概ね常識的だと思います。YCCがやや個性的だとは思いますが 物価目標に関しては、軽症であれば金融政策単独でなんとかなりますが、重症だとなかなか効果が上がりにくくなるため、ほかの施策との連携を検討する必要があると思います(その一環がYCCだと思います) 金融緩和は主にマネタリーベース(ベースマネー)にはたらきかけますが、それはマネーサプライ(マネーストック)の増大を期待してのものです。マネーサプライが増大しないとすれば、それはまた対策を考えなくてはなりません(この役割は日銀の管轄をかなり超えるところもでてきます) マネーサプライが増えるには民間の健全なdebt(貸し出し)がベストですが、次善の策として政府支出によるdebtの創出があります、これが財政出動です 目標未達には理由があり、それに私たちはどう対処していけばいいのか、というのが健全で建設的な議論だと思います やってもだめだったから意味がなかったし止めるべきといった議論はすこし短絡的と思います。専門家としてはここで金融緩和を縮小することには背筋に冷たいものを感じます。むしろここまで金融緩和をしてなぜ物価目標が達成できないのかに関して、ポジショントークなしでメカニズム論として議論されてほしいと思います そうすれば実務者も研究者も、そして国民も得るところが大きいのではないかと考えます
114Picks
ジョブズ氏の「美しき庭」どこへ
日本経済新聞
佐々木 一寿経済評論家 研究者 作家
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL