Picks
219フォロー
6300フォロワー
【注目】ドイツの電力は2035年に100%再エネになる
NewsPicks編集部
須田 桃子NewsPicks 副編集長 / 科学ジャーナリスト
脱原子力政策を取り、今年の年末、原発ゼロという節目を迎えるドイツ。ウクライナ侵攻によるエネルギー危機を、どう乗り切るのでしょうか。日本とも深い関わりを持つミュンヘン工科大学のミランダ・シュラーズ教授へのインタビューを通して、ドイツのエネルギー政策や最近の状況、放射性廃棄物処分に向けた取り組みなどをご紹介します。 Zoomでの取材でしたが、超多忙な中、穏やかかつ丁寧に、言葉を選んで話してくださる姿が印象的でした。 エネルギー政策において「倫理」の視点がなぜ必要なのか、記事を読みながらぜひ一緒に考えていただけたら嬉しいです。 ところで、日本ではよく、ドイツは再エネに転換したために電力不足に陥り、結局、原子力大国のフランスから輸入している、という人がいますが(先日は経産省の方までそう言っていました)、実態は異なります。記事中にもあるように、ドイツは電力を輸出しており、主な輸出先はフランスです。ドイツは停電が多い、も全くの誤りです。 初日の記事でご紹介したように「原子力は安くて安定的」も事実とは言えません。そうした数々の誤解が横行していることが、エビデンスベイストの冷静な議論を妨げているように思います。その間に日本は、グローバルな変革から取り残されてしまうのではないか。取材の過程でそんな危惧も覚えました。 特集「原発エコノミーの真実」はひとまず終わります。5日間、記事を読んだり、動画を視聴したりしてくださった皆さま、ありがとうございました。
414Picks
【検証】なぜ日本は核燃料の「再利用」にこだわるのか
NewsPicks編集部
須田 桃子NewsPicks 副編集長 / 科学ジャーナリスト
特集4日目。ウラン燃料を再処理・加工してもう一度使う「核燃料サイクル」の現状をお伝えします。巨額を投じたもんじゅが失敗に終わり、「資源を増やす」という夢のような話が潰えた今も、当面の目的を変えてプロジェクトが進行中です。 取材の過程で驚いたのは、六ヶ所村の再処理工場やMOX加工燃料が将来、稼働しても、そこで作られるMOX燃料は海外で作ってもらうより「高くなる」という日本原燃関係者の話でした。もちろん、海外で作る場合の往復の輸送代込みでの話です。 海外からMOX燃料を輸入すると、元のウラン燃料の約9倍になることがなることがすでにわかっています。それ以上高くなってしまうのだとすると、あまりに不経済な「リサイクル」ではないでしょうか。 記事中にもあるように、再処理工場は元々、1997年に完成予定だったのですが、すでに25回も竣工を延期しており、26回目の延期は避けられない状況です。規制庁の担当者がふと漏らした「動かない方が安全だからいいんじゃないですか」という言葉も印象的でした。 過去には英国ウインズケール(現セラフィールド)再処理工場をはじめ、米国、ロシア、フランスなど各地の再処理工場で火災・爆発事故が起きており、その中には従業員の被曝や環境中への放射能漏れを伴うものも複数ありました。六ヶ所村の再処理工場の原型となった東海村の施設でも、1997年に作業員が被曝する火災事故が起きています。
318Picks
【最新】動画でわかる、福島原発事故の「これまで」と「今」
NewsPicks編集部
須田 桃子NewsPicks 副編集長 / 科学ジャーナリスト
廃炉に向けた作業が進む福島第1原発の現状や帰還困難区域の様子、周辺地域に住む人々の思いを、コンパクトな要点解説を盛り込んだ動画でお伝えします。 福島第1原発の構内に入ったのは、今回が初めてでした。多くのエリアでは厳重な防護服なしに歩けるとはいえ、建屋内に積み重なった瓦礫、撤去されないままの重機など、事故当時に近い場所が幾つもあり、震災と事故の凄まじさが伝わってきます。あまりに高い線量計の数値に終始、緊張していました。 原発周辺の帰還困難区域にはツタが絡まった住居や店舗が立ち並び、道端には止まったままの自販機も。人影だけがなく、まさに時が止まったような光景です。車で縦断し、地図上で見ただけでは掴めなかった広さを実感しました。事故の経過次第では、こうした区域はもっと広がっていたかもしれません。 帰還困難区域に住んでいた方はもちろん、それ以外の地域に住んでいた方でも、事故前の日常を取り戻せていない人は今も大勢います。 ひとたび大きな事故が起きたときに、これだけ深刻な、長期にわたる被害を及ぼす発電施設は他にありません。福島の現実を踏まえずして原子力の利用について語ることはできない。改めてそう感じた3日間でした。 一緒に取材した中居記者によるテキストの記事もぜひ併せて御覧ください。 【現場ルポ】福島第1原発、廃炉のゆくえ https://newspicks.com/news/7156543
494Picks
【現場ルポ】福島第1原発、廃炉のゆくえ
NewsPicks編集部
須田 桃子NewsPicks 副編集長 / 科学ジャーナリスト
5月半ばに、廃炉に向けた作業が進む福島第1原発の現状や帰還困難区域の様子、周辺地域に住む人々の思いを取材してきました。取材チームの中居記者によるルポです。 廃炉に向けた作業の進捗については昨年も取材しましたが、大きな進展は見られませんでした。喫緊の課題とされる構内の汚染水は今も日々、発生しています。 地元の方々の声を聞き、汚染処理水の海洋放出を巡っては、その是非だけではなく、国や東電の決定のプロセスにも問題があったと感じました。 もう一つの焦点である燃料デブリは、人も近づけない強い放射能をもつ上に、溶融した各号機ごとに形状や性質が異なります。 (詳しくは昨年の記事https://newspicks.com/book/2816/article/5774305?ref=book_2816 で解説しています) 事故から11年経ち、1グラムを試験的に取り出す計画が進んでいますが、デブリの全量は少なくとも880トン。作業従事者の被曝リスクもあります。今後、全量取り出しが可能なのか、あるいはベストの方策なのかを、再検討せざるを得ない状況があるかもしれません。 構内や帰還困難区域の様子が盛り込まれた動画の方も、ぜひ併せてご覧ください。 https://newspicks.com/news/7151554/body/?ref=user_3618331
296Picks
NORMAL