Picks
4フォロー
73フォロワー
イランの支援を受ける武装勢力を空爆、バイデン政権下で初か
TBS NEWS
和田 大樹研究者大学教員、コルサル会社アドバイザー
イスラム国は最近また活動を活発化させています。一方、米メディアは親イラン勢力への攻撃を報道しています。イラクでは親イラン組織による米権益への攻撃が続いています。最近もあり、それに対する報復でしょうか。 イランは、中東地域を覆う「シーア派の弧」を作るべくイエメンのフーシ派やレバノンのヒズボラ、バーレーンのアル・アシュタール旅団(Al Ashtar brigades)、イラクのハラカット・アル・ヌジャバ(Harakat al nujaba)やバドル旅団(Badr Organization)、カタイブ・ヒズボラ(Kataib Hizballah)、シリアのリファ・ファテミユン(Liwa Fatemiyoun)などの親イランのシーア勢力を軍事的・財政的に支援し、アフガニスタンやパキスタン出身のシーア派民兵をシリアやイラクに送り込むなどしている。 イランの支援額の規模は数百万ドルから数十億ドルとも言われ、フーシ派には約10万人、ヒズボラには2万5000人~3万人、イラク・シリアのシーア派民兵には10万人~20万人がそれぞれ構成員として参加しているとの情報もある。各地に点在するシーア派組織は、ロウハニ大統領や最高指導者ハメネイ氏らテヘラン指導部からの指示に従って行動しているわけではなく、基本的には独自の判断で活動している。
271Picks
バイデン政権下の米中対立における日系企業への影響
Frontier Eyes Online
和田 大樹研究者大学教員、コルサル会社アドバイザー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
「ISリーダー殺害」でもテロの脅威が続く理由 - 過激派運動の大ネットワークは健在
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
和田 大樹研究者大学教員、コルサル会社アドバイザー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
NORMAL