Picks
424フォロー
962フォロワー
【塩野七生】日本は「失敗を許せる国」になれば没落しない
NewsPicks編集部
井口 康孝小売関連@アジア
大ベストセラーの語る一般論としては面白いですが、歴史家に今の日本を語らせるには尺数が足りないと言うべきか。実務としては、一般論でしか無いと言うべきか。どうせ伝えたい事が尺に収まらないのだから、いっそ連載にして欲しいし、それだけの価値のある作家さんでしょう。 特に、野蛮な強さに関しては、もう少し突っ込んで聞きたい。あとは、内向きになるアメリカへの塩野さんの意見も興味があります。 失敗に寛容、社会流動性、外国人の流入、人材育成、インテリジェンス組織の整備、富裕層の資産活用などどれも大筋皆合意しています。問題はどうやってです。そんな一般論10年20年前から変わらんし。 富裕層の資産活用にしても、岸田政権の目指す増税も一手。富裕層に減税することで資金を呼び込むのも一手、寄付に対して税金を控除するのも一手。でも、どれも全く異なる一手です。どう選択するべきかと言う踏み込んだ所を聞きたいところか。そのあたりに哲学が宿るのかと。 外国人の活用にしても、どう言う人材を、どう言う手続きで、どう言う条件で日本に居住してもらうかって話です。その点で塩野さんは、「上質な」な人に来てもらいたいと言っているが、そのあたりももう少し聞きたいところ。エンジニアや研究誌のような社会の上層部を上質とするのか、一般的な労働者であっても働き振の良い人も「上質」とするのか。 格差が悪じゃなくて、格差の固定が開くってのも、あまりに一般論過ぎる。大体、日本の格差自体もアメリカよりも緩いし、相続税もあるわけで。日本の学歴社会にしても緩いもんで、言うほど絶対的じゃ無いでしょうし。 もう少し突っ込んだところまで聞きたいインタビューだとは思いました。
1562Picks
アマゾン、街の商店を宅配拠点に ラストワンマイル委託
日本経済新聞
井口 康孝小売関連@アジア
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
NORMAL