Picks
40フォロー
1661フォロワー
【戦略】「消費の軸が変わった」さて企業はどうする?
NewsPicks編集部
千葉 知世大阪府立大学 准教授
エシカルをやりたい企業を助けるとこにも、エシカルビジネスの機会があります。 エシカル意識の高まりは、製品そのものだけでなく、サプライチェーンやバリューチェーン全体にも及んでいます。 従来は大企業が批判のターゲットでしたが、サプライチェーン全体が意識されるようになったことで、中小企業や下請けにも影響が及ぶようになっています。 (今治タオルの不買運動の例は記憶に新しいですね。このときは下請工場も含め業界全体に批判の目が向けられました) こうした企業リスクが顕在化するようになれば、それを助けるビジネスが生まれます。例えば欧米では、企業がプロダクトに信頼を得るためのサプライチェーンの可視化サービスが活発です。 日本は、いわゆる「エシカル消費」への意識こそ他国に比べて低いものの、日頃できるだけリサイクルをするとか、節水・節電するとか、細かな取組はすでに普及してます。 日本の消費者の性格に合わせたエシカル消費ビジネスの機会はまだまだあるでしょうね。 【ご参考】  https://sourcemap.com MIT発、商品の原料生産地や加工業者等を地図上で見れるサービス。Wikiみたいに無料で見れて誰でも編集できます
1254Picks
NORMAL