Picks
34フォロー
13100フォロワー
米各地で中絶禁止の州法巡り法廷闘争、最高裁の判断転換受け
Reuters
稲葉 可奈子産婦人科専門医 医学博士
米国の過半数が中絶禁止に反対しているにもかかわらずこのような判断が下されるということに驚きを隠せませんが、 各州の判断にゆだねられるということで、多くの州で女性のSRHR(セクシャルリプロダクティブヘルス&ライツ)が守られることを願います。 ちなみに日本では、経済的事情などで妊娠の継続が難しい場合は人工妊娠中絶を選択することができます。配偶者同意の問題が言われていますが、実際には、DVなどの場合はパートナーの同意が不要です。 一方で、日本は緊急避妊薬へのアクセスにハードルがあり、米国では緊急避妊薬や経口中絶薬という手段はありますが、 いずれにしても妊娠は女性だけの責任ではないのは明らかで、妊娠しても中絶すればいいやなんて思っている女性はおそらくおらず、にもかかわらずやむを得ない時の選択肢を女性から奪うというのは、やはり納得がいかないです。 日本とは宗教や文化的背景も大きく異なるのではかり知れない事情もあるとは思いますが、日本でも、包括的性教育や選択的夫婦別姓など、多くの人が賛同している合理的なことでも、保守系議員さんの根強い反対により実現していないことはありますね。
11Picks
NORMAL