Picks
34フォロー
13026フォロワー
内密出産の女性、赤ちゃんに母乳「精いっぱいの愛情」 慈恵病院
毎日新聞
稲葉 可奈子産婦人科専門医 医学博士
内密出産が最適解ではないものの、『赤ちゃんポスト』や『内密出産』という、非常に分かりやすい名称を広めたことで、助けが必要な人がアクセスしやすくなったという点は、学ぶ点と思います。 内密出産については、一見非常に素晴らしいことに思えますが、 ・女性のその後のサポートができない ・児は遺棄児と同じ扱いになる ・特別養子縁組できたとしても、あとから実母が名乗り出てくる可能性がある など、現状まだ多くの問題点があります。 内密に出産したい、というケースはもちろん全国でありますが、なぜこれまで内密出産が行われてこなかったかというと、内密に出産したい女性と丁寧な対話をすることで匿名での出産は回避し、そのおかげで女性も児もその後までfollowしています。 病院には当然守秘義務がありますので、出産時に匿名でないとしてももちろん外に情報はもれません。 ただその丁寧な対話や、 丁寧な特別養子縁組のマッチングには非常に労力を要するので、 本来は行政の介入があるとよいとは思います。 そして、ここにいけば助けてもらえる、という、ワンストップの窓口の存在と、内密出産と同じかそれ以上の認知度となることが必要です。
3Picks
NORMAL