Picks
20フォロー
123フォロワー
拡大するNFTのブランド・ブロックチェーン・マーケティング戦略
EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
八木 典裕ベイカレントコンサルティング チーフエバンジェリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4県に大雨特別警報発表中 「線状降水帯」発生しやすい状態続く
NHKニュース
八木 典裕ベイカレントコンサルティング チーフエバンジェリスト
線状降水帯とは、次々と発生する発達した雨雲(積乱雲)が列をなし、数時間にわたってほぼ同じ場所に強雨を持続させる現象です。その降水量は驚くべきもので、たった数日で平年の1か月分を超える雨量が降り注ぐため、土砂災害の被害が発生する可能性があり、大変危険です。 平成29年7月に起こった九州北部豪雨では、福岡県朝倉市で1時間雨量で129.5ミリ、24時間降水量で545.5ミリを記録しました。ちなみに、朝倉市の平年の7月一ヶ月間の降水量は354.1ミリですので想像を絶する規模でした。 その結果、その結果、福岡県朝倉市と隣の東峰村において、把握されているだけで合計346.40ha(野球グラウンド、約270個分)もの森林が被災したと報告されています。朝倉市では土砂が数キロ先の川まで流れるほどの甚大な被害が出ました。 近年、日本国内では、線状降水帯の出現によって、今まで経験したことがないような集中豪雨が発生し、各地で甚大な森林災害が頻発しています。これに立ち向かうには、自治体が主体となってデータに基づく研究を進め、防災・減災の取り組みを進めねばなりません。 上述した福岡県朝倉市では、自治体や大学とともに災害復興の取り組みを行い、災害に強い街づくりを進めています。他の自治体の方や、防災・減災に取り組む企業の方は、ぜひお問い合わせください。 http://www.ryokushin-kyoukai.jp/s/fund.html
202Picks
NORMAL