Picks
1フォロー
147フォロワー
東洋人と西洋人で異なる「世界の認識方法」とは
ZUU Online|経済金融メディア
鈴木 里美個人事業主, 非常勤講師
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
NFTは本当に価値があるのか?
NewsPicks Studios
鈴木 里美個人事業主, 非常勤講師
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
502Picks
GMOインターネット、NFT事業参入「アダム byGMO」
ITmedia ビジネスオンライン
鈴木 里美個人事業主, 非常勤講師
アート業界におけるNFTまとめ(2021.04.10 現時点) 日本人アーティストのNFT利用現状: 現在NFTプラットフォームには、OpenSea、Mintable、Mintbase、Raribleなどいろいろありますが日本のアーティストにはOpenSeaが人気です。土佐尚子さん、村上隆さんもOpenSea。ちなみに現代アートのNFT進出は遅れており、ゲームのキャラクター販売は早かったです。NFTの作品アカウント作成にガス代という手数料がかかります。作品アカウントの作成タイミングによって価格が変動します。またサイトは英語のみで日本語に対応していません。 クリエイター視点のNFTのメリット: 百貨店やギャラリーで絵画や工芸品などの作品を売った場合、作家に入る金額はどの程度かご存知でしょうか。 作家の懐に入るのは概ね作品上代の50%です。作家とギャラリーの関係性によって割合は前後しますが、一般的には50%です。 上代価格の50%から材料費、搬入費、人工などの経費を差し引き、またスタジオ代や光熱費などを差引いたら、純利益なんて微々たるもの、あるきは赤字の場合もあります。 その点NFTは手数料が安い点が非常に魅力的です。デジタルや映像クリエイターのみならず、インスタレーションなどの売買が難しい作品、あるいは実体のある作品(彫刻、工芸、絵画など)にとっても魅力的なプラットフォームとなっています。*実体のある作品であってもNFTにデジタルをUPした後、実物を廃棄すれば問題ないことになっています。 コレクター視点のNFTのメリット: 資産目的で購入するコレクターの場合、ほとんどが専用の倉庫に保管されますが、その維持費が地味にやっかいです。寺田倉庫サイト↓をご覧いただくとなんとなく費用感が掴めるかとおもいます。https://terradaart.com/online/ その点、NFTの場合はデジタルですので維持費が安いのが最大のメリットです。また海外のオークションハウスで作品を購入した場合、その運送費はべらぼうに高いのですが、そのような運送費や人件費など考慮する必要がないことも大きなメリットです。 以上、文字数制限があるようですので、このくらいにしておきます…
118Picks
丸の内のシンボル「東京海上日動ビル」解体へ 皇居周辺で初の超高層ビル
東京新聞 TOKYO Web
鈴木 里美個人事業主, 非常勤講師
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
413Picks
【完全解説】これからの必須教養。正しく学ぶ「デザイン史」
NewsPicks編集部
鈴木 里美個人事業主, 非常勤講師
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3280Picks
NORMAL