Picks
5フォロー
17フォロワー
経団連「コロナ対策で週休3日の検討を」 給料や働き方にどう影響?(やつづかえり)
Yahoo!ニュース 個人
五島 圭介化粧品 アカウントエグゼクティブ
週休3日にする案に基本的に賛成です 生産性拡大と、三密を減らすという目的で検討していいのではないか? なぜなら、日本の1時間あたり生産性ランキングは4800円 OECD加盟国21/36位 鬱や病気、それ以上の出来事を予防していくためにも 生産性アップは必要と考えます 日本人の生産性が上がらない理由は日本文化だと私は考えている そのひとつが日本語(の特徴、多様な表現) 様々な表現があり、ちょっとした言葉遣いの違いで 相手に負の印象を与えてしまう(そう感じてしまう) 英語はよりシンプルなのに。 今は以前より気にしない人が増えたが、それは個人差や業界による 直接話す時も、電話も、メールもそう メールはシンプルな方がいいが、長い人は長い メールが長いことがしきたり、暗黙の了解の業界もある 伝わらないという概念がない 一方で、クッション言葉や最初と終わりの文面に日本人の良さも現れる 私が今まで仕事を一緒にさせていただいた方で、 メールが圧倒的に短い人が3名いる みなさん性格は様々だが、共通点は仕事のスピードがめちゃくちゃ速い(神速) いつ考えて、いつ判断してるねん、と思っている リスペクト 僕は昔は完璧主義者で、周りをめっちゃ気にしていた 最近はだいぶ改善されてきたが(昔と比べて、多分) シンプル is ベスト シンプルなメールのやり取りでもOKだと思ってもらえる コミュニケーションをまずしていかないと 会議とかもそう 不要な仕事を無くしていけば、シンプルにしていけば、 週休3日でも働ける、経済活動を維持できるはず 将来AIがさらにさらに発展してヒトの仕事が減る前に、 今回のコロナを機に追い込んでヒトを強くするべき 自分も頑張らないと ただ、週休3日になったら接客業等は繁忙日が増えないだろうか? 逆にばらけるのだろうか 当面は三密を避ける、消費者意識で大丈夫だろうが、 その点が懸念される 心配です
16Picks
「ポジティブな文句を言う」ことが問題発見のコツ
現代新書 | 講談社
五島 圭介化粧品 アカウントエグゼクティブ
目の前の出来事をどう捉えるかは自分次第。 常にポジティブに考えるように習慣付けしてます。 以前私は心配症や完璧主義があって、それが足かせでした。 ですので、ネガティブに考える自分も良しとしています。 ポジティブに考えると同時にネガティブにも考える。 すると、ネガティブに考える人の気持ちも分かります。 相手の立場になって考えるためにネガティブも必要です。 ベースはポジティブ(考える、思考を働かせる姿勢にまずはポジティブに。) あと、感度分析ではないですが、 コロナ影響が強くなってからは、3つのシナリオを描いて仕事をしています。 ベストシナリオ、ノーマルシナリオ、ワーストシナリオ。 例えば、5月の売上計画が前年比+10%がベストシナリオ、±0%がノーマルシナリオ、-10%がワーストシナリオ。 それぞれの根拠も添えて、その中でどれが一番可能性が高いか持論を持つ。 その売上計画を達成するために何が必要か、またどんな外部環境がシナリオにどんな影響を与えうるかを考えます。 今はまさにVUCAの時代。 答えは1つじゃない。日々変化する状況(不安の要因)と上手く付き合いながら適応、判断していかならねば。
194Picks
NORMAL