Picks
270フォロー
15139フォロワー
コロナ病床実態調査へ 政府、補助金受け消極的な病院も
日本経済新聞
土居 丈朗慶應義塾大学 経済学部教授
病床確保のための補助金を受け取りながら患者受け入れに消極的な病院が存在しうるのは、補助金を受け取った医療機関名を公表していないからである。補助金を受け取った病院名を公表すれば、どの病院が患者受け入れに消極的かが明らかとなる。 しかし、そこには、医療界の激しい抵抗がある。まず、コロナ対応医療機関名を公表すること自体を激しく拒んでいる。コロナ対応医療機関名を公表すると、当該医療機関に風評被害が及ぶことを恐れている(コロナ以外の患者が受診を控えるなど)からだ。 すると、コロナ対応医療機関名をそもそも公表していないため、補助金を受け取った医療機関を公表することで、どの医療機関がコロナ対応医療機関かが判明してしまうから、補助金を受け取った医療機関を公表しないのだという。 本末転倒である。補助金は国民の税金が元手となっている。受け取ったのにその役割を果たしていないなら、「不正受給」も同然の行為である。風評被害を恐れるなら、コロナ収束までは全国民に公表せずとも、せめて関係当事者にだけは補助金を受け取った医療機関名を明らかにして、病床確保ができるようにすべきである。
111Picks
NORMAL
Premiumを無料で体験
登録・ログイン