Picks
27フォロー
25フォロワー
サントリーHD新浪社長「45歳定年制を」 SNSで波紋、釈明
毎日新聞
竹村 宏之Colgate-Palmolive HR Manager
そもそもジョブ型を進めようとしている潮流で定年制を続けることを前提としてることが間違っていると思います。 企業にとっても社員にとってもそこで個性が活かせ、生産性を発揮できる、企業と社員がwin-winの関係にあれば何歳まででも働けばいいのです。(高齢になると生産性が落ちると考えること自体、ジョブ型前提ではなく年功序列の発想です。)要は何歳であろうと、求められる生産性が出せる社員は定年で退職させる必要はないのです。 その逆にwin-winになれない社員が、その会社に無理をしてしがみつくのではなく年齢に関わらず転職やキャリアチェンジなど流動性を高める仕組みを作ることが大切です。 今は無理をしてでも定年までしがみつかざるを得ない流動性の低さゆえ、win-winにない社員も命を懸けて現職にしがみついているのです。これを定年の低年齢化で解決しようというのは大切な社員も失ってしまうことになり本末転倒です。 (こんなことをいつまでもやってるから日本企業の生産性が上がらない。) ジョブ型が不可欠の道だということで議論されている中、今企業経営者がすべきことは定年制の撤廃と、新卒一括採用を主流とした人材採用を変え、経験者がもっと流動的に転職できるよう採用の門戸を広げるとともに、無駄なローテーションを辞めてジョブ型に耐えうる専門的人材育成を達成することが先決です。 70歳まで働かざるを得なくなる社会、という現実をも考えると喫緊の方向性だと思います。
511Picks
NORMAL