Picks
117フォロー
11354フォロワー
99,000円で30日間全国を宿泊! アパホテルが「サブスク」を限定発売
マイナビニュース
加藤 史子WAmazing株式会社 代表取締役社長:経営者
三井不動産が展開するホテル(三井アーバンホテルなど)でも、ワーケーション、ステイケーション利用に、ホテルサブスクやっていますが、とうとう、アパホテルも発売しましたね。 ーーーーー アパホテルズ&リゾーツは5月7日~6月30日まで、連続する30日間を99,000円で宿泊できる「マンスリープラン(サブスク)」を限定販売する。 ーーーーー とのことです。 コロナ禍が長引いている上に、変異種に置き換わり、緊急事態宣言も、延長されてしまいました。 都市部では、リモートワークの推奨と、出勤の7割減を要請されているのに、出張ニーズが盛り上がるわけはありません。 インバウンドも、日本入国してこないですから、残るは、「日本人の観光ニーズ」だけです。 しかし、コロナ禍前の通常期でも、5月GW明けから、梅雨明けするまでは、観光事業者にとっては「死の谷」みたいな時期で、ぜんぜんお客さんが動きません。5月は天候はいいのですが、GWでお金つかっちゃって、GW明けは旅行にまわす費用がないのと、6月は梅雨に入り、祝日も1日もないので、旅行市場は、「しーん、、、」としたままです。 簡単にいえば、5月GW明けからは、7月の「海の日3連休」が来るまで、「耐え忍ぶ時期」なんです。 となれば、その時期に、従業員を休業させたり、ホテルを閉館させたりするのでなければ、1円でも売り上げをたてていくために、サブスクを限定発売は、正しいですね。
84Picks
ファイザーCEO「ワクチン、五輪の不安解消の一助に」
日本経済新聞
加藤 史子WAmazing株式会社 代表取締役社長:経営者
そう、選手村にいるのは選手だけじゃない。大量のスタッフとボランティア、その家族にもワクチン提供しないといけない。 1回目と2回目の間隔は3週間以上ということなので、急ぐ必要がある。ファイザーCEOからではなく、五輪担当相とか首相からメッセージがあればよいのだが、、。 記事よりーーーーーーーーーーーーーーー ――東京五輪の開催については、感染拡大の懸念などから不安視する声もあります。 「五輪の開催は人類の文明や、人が集まることの象徴だ。ウイルスが再び人類に打ち勝ち、五輪を開催できないとなればとても残念に思うだろう。五輪は世界の希望をあらわすものであり、安全かつ確実に開催するためにできる限りのことをする。その手段となるワクチンを選手の皆さんに提供できることを誇りに思う」 「ワクチンは選手を感染から守るだけでなく、精神面の支えにもなるだろう。選手村に何千人もの人が集まり、人との交流を不安に思う声も聞いていた」 ――日本政府とは年内に1億4400万回分を供給する契約を結んでいますが、供給スケジュールは。 「正確な数字は把握していないが、6月末までに1億回以上と、大部分のワクチンが供給される見通しだ」
3Picks
中国、労働節の連休の旅行件数がパンデミック前の水準上回る
Reuters
「人生は一度きり」。ミレニアル世代のキャリア観に異変あり
NewsPicks編集部
加藤 史子WAmazing株式会社 代表取締役社長:経営者
子供の頃、SF作家の星新一さんのショートショートが大好きだった。大人になった今も特に心に残っているのは「処刑」というタイトルの作品だ。流刑星とも呼べる「赤い星」で、地球で罪人とされた主人公が生きていく内容だ。 赤い星は気温が高く乾燥しており、雨は降らない。罪人が生きていくために必要な水は、渡された「銀の玉」で得ることができる。この銀の玉は、ボタンを押すたびに周囲の空気を急激に圧縮させ水を作り出す。しかし一定の回数ボタンが押されると、周囲を巻き込んで爆発するという仕組みで、事実上の死刑なのだ。 爆発は何回目のボタンで起きるのかは分からない。1回目で爆発を起こすかもしれないし、千回目かもしれない。もしかしたら爆発しないのかもしれない。すさまじい喉の渇きに水を飲まずにはいられない主人公だが、ボタンを押す一回一回が命の選択という状況で、彼は正気をなくしかけ絶叫する。 長い長い絶叫のあと、彼は気づく。「これは、地球の生活と同じなのだ」と。毎日、自分自身で死の原因を作り出す点は同じ。ただ、銀の玉は小さくて気になるが、地球のは大がかりで誰も気にしない。吹っ切れた主人公は、リズムをつけ歌いながら銀の玉のボタンを押し続ける。恐怖はもうそこにはなかった、という話である。 WAmazingはいわゆるスタートアップ企業。ビジネスモデルによって差はあるが、初期において先行投資的に赤字を出し、その後大きく利益を伸ばすという事業計画をつくる企業が多い。赤字を出している間、月間の赤字額をバーンレートと呼ぶ。 バーン(burn)とは燃えるという意味で、いわば資金が燃え尽きていくイメージだ。この数値を把握すると会社の寿命がはっきりする。どれだけの月数を生き延びられるかは、シンプルな計算式「銀行口座の残り金額÷バーンレート」で求められる。毎月、現金が無くなっていき、完全に資金がショートする前に資金調達を行うが、調達できるかどうかは、それまでにどれだけの事業の進捗があったかどうかに依存する。これは「赤い星」の話なのだ。スタートアップの死は分かりやすく恐怖を感じるが、その他は大掛かりで当事者意識が薄くなり恐怖を感じない。 しかしスタートアップだろうと、大企業だろうと、人生だろうと本質は変わらない。私たちは毎日、銀の玉のボタンを押している。だとしたら恐怖に支配されるのではなく、歌いながらボタンを押したい。
711Picks
【保存版】「ながら聴き」音声コンテンツ103選
NewsPicks編集部
加藤 史子WAmazing株式会社 代表取締役社長:経営者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
5805Picks
【実録】今、日本の魅力は「退屈さ」にある
NewsPicks編集部
加藤 史子WAmazing株式会社 代表取締役社長:経営者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
655Picks
JTB 日本政策投資銀行に資本支援要請へ 政府の支援策を活用
NHKニュース
加藤 史子WAmazing株式会社 代表取締役社長:経営者
JTBの減資は、少し前にも話題になっていました。 最近、毎日新聞なども、減資に踏み切ったかと。 これの目的は、ずばり、『節税』でしょう。 外形標準課税から外れることが目的と思われます。 事業年度末において資本金が1億円超の会社は、外形標準課税という課税制度により法人事業税 (地方税)が課される。その中で利益が出ていなくても、資本金の額に応じて課税される資本割のインパクトが大きい。東京都の場合、資本割の税率0.525%です。 スタートアップ企業は、資金調達すると資本金が大きくなるのですが、減資する会社が多いです…。 見てくれよりも実利…。 しかし、最近は有名大企業も減資する時代に…。 そして、政策投資銀行からの支援を優先株で受けるということは、JTBの株を政策投資銀行が持つということです。 政府系とはいえ、投資銀行なので、投資する限りには、exit戦略が必要で、リターンを産む必要があります。 JTBは今、未上場企業ですが、今後、上場(IPO)や、M&Aも見据える、ということでしょうか? ところで、WAmazingも旅行会社ですが(第二種旅行業)今、続々と、元JTB、元近ツーなど旅行会社出身の優秀人材にご入社いただいております。 積極採用中ですので、以下、よろしくお願い申し上げます。 ▼ https://corp.wamazing.com/recruit/index.html
151Picks
NORMAL