Picks
256フォロー
11599フォロワー
【必読】ストーリーでプロがうなる「漫画10選」
NewsPicks編集部
曽根 秀晶ランサーズ株式会社 取締役
個人的な推しは『SPY×FAMILY』と『進撃の巨人』と『風の谷のナウシカ』です。特にもうすぐ結末を迎える『進撃の巨人』は、世界構造としての核心テーマ、「正義とは何であるか」についての掘り下げ方が途方もなく秀逸です(深い部分で『風の谷のナウシカ』と通じるところもあります)。あとリストにはないですが、『ヴィンランドサガ』は結構まわりにオススメしています。 たとえば小説を読むときに、❶文体(スタイル)、❷登場人物(キャラクター)、❸話の筋(ストーリー)、❹趣旨(テーマ)、の4つを意識するのですが、本当にすぐれた小説は❶と❹において独自性があり深い一方で、面白い小説は❷と❸で読者を共感させ引き込みます。いわゆる娯楽小説は後者が重要で、純文学には❶と❹が、つまり独自のスタイルとテーマ性が求められます。 娯「楽」なんだから楽しめればいいじゃん、というのもその通りですが、マンガは日本独自の文化としてユニークで奥深く、せっかくなら深く吟味するのもまたオツ。学生のときに『風の谷のナウシカ』についてレポート書いたことがありますが、『進撃の巨人』は完結したら論考を書いてみたいマンガの一つです笑
1305Picks
「持続可能な社会」を目指すことがなぜ企業価値向上につながるのか
note(ノート)
ANA赤字3000億円強=コロナ禍で過去最悪―20年4~12月期
時事通信社
リクルートHD、新社長に出木場副社長 4月1日付
Reuters
【無料】ダイジェスト版:2021年の業界・テーマ地図
NewsPicks編集部
曽根 秀晶ランサーズ株式会社 取締役
色々と記事を読ませてもらった中で、個人的な興味・関心メモと問いかけの整理↓ ▼政治:ポストグローバリズムとポスト自由民主主義 →いかに次の時代の「世界地図」をつくっていけるか? cf. トランプとジョンソンによる分断その後、ファシズム・共産主義・自由主義の次のモデル、長引く米中貿易戦争の行く末、テクノロジーの地政学と世界地図etc ▼経済:サステナビリティとポスト資本主義 →いかに持続的に経済を発展させられるか? cf. 気候変動と脱炭素社会、信用経済と新たな貨幣、交換経済と贈与経済、アフターコロナの経済成長etc ▼社会:ダイバーシティとインクルージョン →いかに広がる多様性を認め合い受け入れていけるか? cf. ポストトゥルースの時代、マルチアイデンティティ化する個人、コミュニティの再編成と再設計、ニューノーマルと多様化の加速etc ▼技術:産業のDX化と善きデータ至上主義 →いかにDX化の流れを産業の健全な発展にいかせるか? cf. 企業単位から産業単位でのDX化、5G×IoTと「ヒト・データ・キカイ」、AIとシンギュラリティ、バイオテクノロジーの進化etc ▼人間:ウェルビーイングとストーリーメイキング →いかに意味をつくり幸福であることができるか? cf. 「自由だけど不安」な人生100年時代、アルゴリズムと自由意志、あらたな教育の4C=批判的思考/コミュニケーション/協働/創造性etc
1515Picks
【新】隠れた国民病「同調圧力」との闘い方
NewsPicks編集部
曽根 秀晶ランサーズ株式会社 取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1245Picks
NORMAL