Picks
52フォロー
1357フォロワー
コンサルへの転職志望者が知っておきたい「向き・不向き」
JobPicks(ジョブピックス) | みんなでつくる仕事図鑑
竹本 祐也株式会社WACUL 取締役CFO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
105Picks
IPO公開価格、「低い値決め」独禁法違反の恐れ…公取委が見解公表へ
読売新聞
竹本 祐也株式会社WACUL 取締役CFO
このプロセスについての経験者です。 ※以下の記載は、周辺のCFOの意見などを総合したものです ※高い/安いは最後は市場が判断することですのでコメントありませんが、プロセスなどについて記載します。 証券会社が提示する価格が低いなら断ればよい、という人がいますが、IPOプロジェクトは数年がかりのものですし、価格提示の段階で降りるとまた最低1年、なんなら数年がかりです。その点で「新規上場企業が主幹事の変更をしやすくするよう配慮」というのは嬉しいでしょう。特に値決めが始まる時期である証券審査(仮免試験)の引き継ぎ、東証審査(本試験)の情報の引き継ぎがナンバーポータビリティのようにスムーズにできることが求められます。 また、価格提示のプロセスを早めることも必要です。上場承認日直前まで価格提示を行わない!という牛歩戦術をされて、上場承認日近くでは切り替えるにも切り替えられないというCFOもいます。 セカンドオピニオンの意義は、現状では事前に会社側が機関投資家と面談し、価格について機関投資家から意見をもらっても採用されないケースが多く親引けなどまでいけないと意味はなさそうで、他の証券会社から意見書をもらっても無視されたという話も聞きます。 発行体側には武器は少ないです。経営陣には武器をひとつでも多く携えて、サバイバルする度胸が必要です。 ちなみに、どの証券会社も低い価格を提示する“業界慣習”があるならば、証券会社の乗り換えにさえリスクがあります。この点は近年では、リテールへ販売力がありプライシングルールの透明性が高いSBI証券に大手証券会社から切り替えたケースと、(大型案件限定ですが)共同主幹事に競争させるケースとをよく聞きます。 ただ、プロセスや高い/安い以前の根本的なこととして、証券会社のIPOのバリュエーション担当者は、たいてい機関投資家と会ったこともロジックを議論したこともないのが普通なのが問題だと感じます。CFO側も同様です。 各社CFOが証券会社から提示されたロジックなどについての話を聞きますが、セルサイドアナリストが書くレポートのほうがずっとロジカルです。またCFO側もキャリアによってはロジックを提示するスキルが足りないこともしばしばです。セルサイドがやるのに近いくらいはしないと相互に“意図的な値付け”と言われても仕方ないでしょう。
223Picks
株式市場の調整がもたらすスタートアップへの影響
note(ノート)
竹本 祐也株式会社WACUL 取締役CFO
バリュエーションの下落をWACCで説明されるのは分かりますが、金利上昇はまだゼロコンマ数%の話なので、どちらかというとコンセンサス=美人投票の“美人”の基準が変わってきたほうが単純に影響しているように感じます。 そもそもPSRやEV/Revenueは前回のITバブルの頃に急成長するIT企業を評価するために生まれた指標ですが、根拠の薄さは常に付きまとってきた指標です。なのでITバブルの崩壊後は聞かなくなっていました。 それが、SaaSの登場で“積み上げ型の将来成長が読みやすいビジネスだからPSRでいこう”という空気になってきて以降で聞くようになってきたという印象です。これが逆に積み上げ型でないスタートアップまでPSRになるのは無理があるため、みんなすぐにハシゴを外します。これが美人の基準の変化です。 僕がスタートアップとして機関投資家とIRミーティングをしていると以前は「もっと赤字出しても売上伸ばせよ」という人が多かったですが、今は「利益ちゃんと伸ばせよ」とおっしゃるケースが増えました。 日本においては、バリュエーションは切り下がりながらもお金がジャブジャブしている状況は続くので、赤字垂れ流してがんがん賭けをやってきたスタートアップは苦しむかもしれませんが、逆に黒字を出せる地に足つけてやってきたタイプは大きな影響は受けないかもな?と思います。
175Picks
NORMAL