Picks
41フォロー
172フォロワー
「デマ・フェイクニュースが1番多いSNSはFacebook」世界26カ国の女子が懸念。国際NGO調査
Business Insider Japan
安居 優弥マーケティングディレクター
>SNSの中で最も誤った情報や偽情報・フェイクニュースがあると思うものを3つ選ぶようたずねたところ、Facebookが65%で1位だった そりゃフェイスブックが一番利用者多いんだから、そうなるでしょう。せめて利用者数の割合と加重平均とるとか、データに工夫して欲しいですね。 あと、質問したSNSのリストも教えて欲しい。Instagramとフェイスブックは別で考えているのか。YoutubeはSNSにカウントされているのか、など。 InstagramやTiktokを「ニュースを見る」という感覚で使う人は少ないでしょうから、デマ・フェイクが多いという印象になりにくいのは当然。 フェイスブック、Twitter、Youtubeあたりはニュースメディアとしても機能しているので、おそらくデマ・フェイクが多いという認識になっていると思う。 世界的にTwitterの利用率はそこまで高くないので、フェイスブックとYoutubeが回答の割合として多いと思う。 ただ、 ・YoutubeをSNSという認識で使っている人はあまりいないと考えられる ・動画コンテンツであるYoutubeは説得力が強くデマを信じてしまう可能性が高い という2点から、この調査方法でフェイスブック以外がトップに出ることはほとんど考えにくい。 ので、この調査は最近フェイスブックにいろんな疑惑や問題があるのに便乗した、結論ありきの内容ではないか。 というのが記事を読んだ感想。もちろん実際の調査票とかを見てみないとなんとも言えませんが。 というか、僕が「フェイクニュースがあると思うものを3つ選べ」と言われたら、 フェイスブック、Youtube、Twitterの3つをあげます。だって他に上げるものが思い浮かばないでしょう。SNSのなかから3つも選んで、フェイスブック以外を選択した人が35%もいるのがすごい。
102Picks
NORMAL