Picks
47フォロー
22138フォロワー
米、保管ワクチン放出へ 65歳以上や持病ある人に接種拡大
Reuters
山田 悠史マウントサイナイ大学病院 米国内科専門医
ワクチン放出も接種拡大も良いのですが、現場で感じている課題は決して供給面にはありません。 実際、900万回分の接種を完了した米国ですが、ワクチン自体は2500万回分すでに提供されていることが報告されています。すなわち、未だ4割弱のワクチンしか使われていません。 現場で起こっているのは、まずマンパワーとワークフローの問題です。 ワクチンが目の前にあるにも関わらず、コールセンターはパンクして人々が予約を取れない状況になっています。あるいは各施設のマンパワーが不足し、ワクチンはそこにあるにも関わらず、予約がすでに2月まで埋まってしまう状況を招いています。 そして、ワクチン忌避の問題もあります。 期待値をはるかに超える結果を示してきたワクチンですが、理解が十分進んでいる層には問題なく接種が進んでいる一方で、十分な理解が得られていない一定の層は、SNS上などで拡散される根拠のない「噂」にも影響を受け、本当に必要な人に届けられないという課題も出ています。「未知」ばかりが強調され、「既知」が増えてきた今でも「未知」とされてしまっています。 薬剤師および薬学部生まで注射が可能な米国でこの状況ですから、注射をする側のマンパワーがより限定される可能性のある日本でも、あらかじめよく検討しておかなければいけない課題だと思います。
72Picks
新型コロナワクチン、21年に20億回分生産=米ファイザーと独ビオンテック
時事通信社
英変異種、50カ国・地域に 強い感染力、日本で34人確認
共同通信
山田 悠史マウントサイナイ大学病院 米国内科専門医
英国での広がり方をみると、比較的早く既存のウイルスが置き換えられていくかもしれません。 ただし、国によっては、別の変異を持つウイルスが増加している箇所もあり、一つの変異にばかり囚われていると足もとをすくわれてしまうかもしれません。そういった意味で、この変異のカウントを新たにはじめる意義がどこまであるのかは分かりませんし、ミスリーディングになることも懸念しています。 また、確認しておきたいのは、個人レベルの感染対策として、やるべきことに変わりはないということです。マスク、手洗い、ソーシャルディスタンスは相変わらず有効な対策と考えられます。加えて、医療現場では目の保護も行なっており、ゴーグルやフェイスシールドも追加の効果をもたらす可能性があります。 ただし、社会レベルでは、既存の感染対策で十分なのかはまだ分からない点が多く残されています。それは、これから明らかになることのように思います。 少なくとも病原性が高まっているとする根拠やワクチンへの耐性を示す根拠は何もありません。ワクチンの普及は、最も有効な可能性の高い解決策ですが、それまでは、個人レベルでこれまで以上に感染対策を確実に行うことこそが大切だと思います。
132Picks
NORMAL