Picks
50フォロー
22695フォロワー
米FDA諮問委、J&Jワクチンの緊急使用許可を勧告
Reuters
山田 悠史マウントサイナイ大学病院 米国内科専門医
部分的に再掲になりますが、J&Jのワクチンは、ファイザーやモデルナの開発したmRNAワクチンとは異なり、ウイルスベクターワクチンと呼ばれるものです。 この技術は必ずしも新しいものではなく、すでにエボラウイルスなどで臨床試験が行われ、妊婦さんでの安全性なども確認されています。 このウイルスベクターワクチンでは人に無害なように加工されたアデノウイルスにコロナのタンパク質の情報を載せて運ばせます。風邪にかかったときと同様に、ウイルスが体の中に入りますが、体で複製しないようにできているので、ウイルスが増えて風邪を起こすことはありません。 このウイルスを感染させることで、コロナの模型を体の中で作らせ、その模型で模擬訓練を行うことができます。 1回接種のみで中等症以上のCOVIDに対して米国で72%、変異株が広がっている南アフリカで64%の有効率を誇っています。 また、DNAを用いているので、mRNAのように壊れやすくはなく、冷凍保存が不要なのも強みです。 1回でいいならJ&Jが最善ではないかという意見も見られますが、「1回でいい」のは接種後71日目までの抗体のデータを根拠にしていますので、長期的にも優劣をつけがたいのかはまだ明らかでなく、「最善の選択肢」と呼ぶには根拠に欠くと考えます。
80Picks
J&Jワクチン「有効で安全」、FDAスタッフ報告 承認へ前進
Reuters
山田 悠史マウントサイナイ大学病院 米国内科専門医
J&Jのワクチンは、ファイザーやモデルナの開発したmRNAワクチンとは異なり、ウイルスベクターワクチンと呼ばれるものです。 この技術は必ずしも新しいものではなく、すでにエボラウイルスなどで臨床試験が行われ、妊婦さんでの安全性なども確認されています。 このウイルスベクターワクチンでは人に無害なように加工されたアデノウイルスにコロナのタンパク質の情報を載せて運ばせます。風邪にかかったときと同様に、ウイルスが体の中に入りますが、体で複製しないようにできているので、ウイルスが増えて風邪を起こすことはありません。 このウイルスを感染させることで、コロナの模型を体の中で作らせ、その模型で模擬訓練を行うことができます。 1回接種のみで米国で72%、変異株が広がっている南アフリカで64%の有効率を誇っています。 また、DNAを用いているので、mRNAのように壊れやすくはなく、冷凍保存が不要なのも強みです。風邪にかかった時と同様のメカニズムで、mRNAワクチンよりも実績があり、1回接種で済むなどの理由から、「遺伝子が操作される」「新しい技術で怖い」「2回も注射を受けるのは嫌だ」という方にとっては、より抵抗の少ない選択肢となりうるかもしれません。
120Picks
ワクチンで副反応の疑い 富山県の病院、首相官邸ツイッターで発信
産経ニュース
山田 悠史マウントサイナイ大学病院 米国内科専門医
情報の透明性が確保されることは素晴らしいことです。同時に、情報を集めたり拡散するにあたっては少し偏りに注意を払う必要もあります。 ワクチンの有効性は、試験の中では数字として示されますが、個人レベルでは何も感じることができません。抗体ができたかどうかも、感染症にかからなかったという結果も、体の変化として感じ取れるものではありません。 むしろ本来重症になるはずであった人がワクチン接種後に軽症COVIDを発症した場合、実際にはそれもワクチンの有効性と考えられるものの、「ワクチンを接種したのに感染した」と感じられるかもしれません。 一方、副反応が出れば容易に身体の変化として感じられます。ワクチンの副反応には、発熱や疼痛など、自覚しやすい症状が並びます。 このように、病気を治す「治療」とは異なり、「予防」では有効性が見えにくく、副反応ばかりが見えてしまうことに注意が必要です。副反応の報道は今後も盛んに行われると思いますが、そればかり報告が目立ちやすく膨張されやすいという情報の偏りのリスクがあります。 副反応の報告を慎重に観察する大切さに変わりはありませんが、我々は大きな偏りのリスクに晒されていることにも注意を払う必要があります。
113Picks
米平均寿命、1年縮む コロナ流行の20年上半期
www.afpbb.com
山田 悠史マウントサイナイ大学病院 米国内科専門医
原因に言及するのは難しいものの、平均寿命の大幅な短縮は、これまでにもパンデミックインフルエンザや戦争などの惨事に際して見られてきたことから、コロナウイルスのパンデミックとの関連性を考えることは不自然ではないと思います。 ただし、これは必ずしもCOVIDが直接的にもたらしたものというわけではなく、COVIDの広がりによって生まれた薬物使用の増加、慢性疾患の治療の中断など、その下流への影響も見逃せません。 また、記事にも言及されている通り、人種差の広がりからも目を背けることはできません。これもまたCOVIDの直接的な影響も考察できるものの、その下流にある医療システムとの分断の可能性を考えると、米国の一医療者としてとても心苦しいものです。 過去の歴史からも、この平均寿命の短縮は一時的な現象を見ている可能性が高いとの見方が強いですが、人種差の広がりはさらに拡大する懸念もあります。ワクチン事業もまた、その普及に人種間での差が出る見込みだからです。 ヘルスケアシステムの分断が浮き彫りになりつつある今回のパンデミックから、どう学びどう活かすかが我々に与えられた次の課題と考えています。
33Picks
NORMAL