Picks
37フォロー
4632フォロワー
AIとロボティクスで歯科医療が激変する! 「光学診療」で歯科技工士が不要になる日
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
金子 奏絵株式会社フィルダクト 代表取締役CEO / 医療政策
歯科技工士は、消滅するとは思いませんがデジタルをフル活用し、技工士も業界全体も超知能労働に職域を寄せていくべきだと思っております。 今の歯科技工士の仕事は職人芸のようになっている部分も多く労働集約的です。その背景から国家資格取得からの離職率は70%を超え、魅力の低さを前提に少子化も相まって専門学校数も減衰傾向です。 しかし本来歯科技工業界は、治療計画立案補助・製造部門機能を担い人々のQOL向上にとってかかせない将来の口腔の健康を支えている業界。 希少価値が高いにも関わらず、過小評価されているのがこの業界だと思っています。  ただ、よくこの技工業界を担う技工士は低賃金長時間労働だから職業の地位を向上しようと運動してきた流れがありますが、本質的にはそれは違う。時代に逆行している部分もあり、地位向上が目的化してはならないはずです。 主語は技工士ではなく技工業界。 デジタルを活用してこの業界のアナログな業務量をいかに効率化させ先進的なものにしていくかを考えていくのが大事です。  医療システムの安全供給の観点から歯科医・歯科技工士の腕によって質のばらつきがあるのもよくないはず。 ここ5年、10年でこの業界はひっくり返るでしょう。デジタルデンティストリー、とても面白い分野です。 私は歯科技工士として、海外から遅れを取っているこの日本の歯科業界を、先進的なものに変えていきます。
126Picks
NORMAL