Picks
117フォロー
19フォロワー
【驚愕】大学生が、2日でブランドを作ってみた
NewsPicks編集部
和田 嘉弘インテリジェントネット株式会社 代表取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3727Picks
【前編】世界の見方が変わる、超ロジカルな仏教講義
NewsPicks編集部
和田 嘉弘インテリジェントネット株式会社 代表取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1162Picks
【新】知の巨人が暴く「イノベーションのウソ」
NewsPicks編集部
和田 嘉弘インテリジェントネット株式会社 代表取締役
とても痺れた段落 抑圧型の規制は問題解決に役立たない 山形 となると、「イノベーションは起こるかどうかもわからないし、それが問題を解決するのに間に合うかもわからない。ならもっと確実なことをすべきでは?」という反論がありそうですね。 確実なことというのは、各種の規制の強化などになるのが常です。「温暖化なら自動車をなくせ、経済活動を潰しても排出削減させろ」といった話です。実際、そうした動きは様々な面で見られますよね。 リドレー たしかに、テクノロジーが課題を解決してくれるかどうかは誰にもわかりません。でもそれは、問題を解決できないと見なされたテクノロジーが、別の問題を解決できる可能性を持っているということでもあります。 そして同時に、そういった抑圧型の規制の方が問題を解決したためしはほぼない、ということも言えます。 おっしゃるような批判に対して、私なら「どの時代においても、そんなことをしたらえらいことになっていたでしょう」と答えますね。 例えば、1900年、作物を育てるために必要な硝酸塩肥料(グアノ)が枯渇しました。同時にチリの硝酸塩も不足して、価格が高騰しました。その結果、食糧生産が大きな課題になりました。肥料が足りなければ、全世界の人々を養う持続的な食糧生産はできないからです。 そんな時、一部のドイツ人が「この問題を解決する方法は、空気中の窒素を固定することだ。その方法を見つけるべきだ。テクノロジーをもってすれば、この問題を解決できる」と言い始めました。 そして、この発想は大きな成果を生みました。50年前に30億人を養っていたときよりも少ない土地で、70億人を養うのに十分な窒素を簡単に固定できるようになったんです。 もし、そのドイツ人が「わかった。これ以上人類を繁栄させず、人口増加を食い止めれば食糧問題は解決できる。そうすれば20億人が今ある土地だけで生活できるようになる!」と言ったらどうなっていたでしょう。 いま世界が抱える問題に対して、多くの人が言っているのはこれと同じです。どちらの選択肢も難しいことには変わりありませんが、「テクノロジーで解決できないことが、政治で解決できる」と考えるのは間違いです。
1501Picks
NORMAL