Picks
27フォロー
105フォロワー
【核心】今のままでは「携帯料金」は下がらない
NewsPicks編集部
遠藤 光寛遠藤光寛税理士事務所 代表
現状維持バイアスこそが、一番のネックです。 仕事で家計相談も行っています。 真っ先に切り込むのがこの分野です。 現在30,000円/月支払っている方であれば、 2台持ちにすれば、月額料金は3,000円台。 本体も20,000円台×2台の買い切りでOK。 SIMも、オススメ機種も、登録方法も、ご案内。 この話をすると、大抵の方は食いつきますが、次に出てくるセリフは 1位 何かあったら困る          (何かって何でしょうか・・・? & 今家計でお困りのようですが・・・?) 2位 いざというとき今の方が安心  (「いざというとき」ですか・・・?) 3位 違約金を支払わなければならない  (2月もあれば回収できますよ・・・?) 4位 家族割引が利かなくなる  (今変更すればずっと90%OFFですのに・・・) となります。 やらない理由を探し出す方、非常に多いです。 損得や合理とは違うところにあるとしみじみ思います。 2台持ちも、MVNOも、手段は複数あるのに、選ばないという選択をする。 こういうユーザーさんが多ければ、大手キャリアは料金を下げる理由はどこにもありません。 「現状維持バイアス」 各人が持っている特性こそが、一番のネックのような気がします。
595Picks
NORMAL