Picks
463フォロー
842フォロワー
なぜイギリスでまた大勢がコロナ感染? 重症化は昨年より少ないものの
BBCニュース
との との自由人間 ŌGIRI☆倶楽部 残党
イギリスのレポートをざっと見ると、感染者の多くが18歳以下で、10月(38週から41週)に約40万人が感染してる。 うちワクチン未接種は35万人、1回接種2万人(接種後の経過日数は無視してまとめた)、2回接種は743人。不明が2万人弱。 亡くなった人は5人、うち未接種は4人。 緊急事態は(おそらく入院した人)は601人、うち未接種は560人。 接種率90%以上の60歳以上で感染者は約7万5千人、うち未接種は約3千人。亡くなった方は約4千人で、うち未接種は約340人。 緊急事態の人は約3,900人、うち未接種は540人。 この間の年代は、おおむねこの間を補完した数字。 類推するとこんな感じ。 高齢者はワクチン提供するけど、感染したら重症化と死亡リスクは高いから覚悟してね。感染しないのが最良よ。 若い世代もワクチン提供するけど、感染しても滅多に酷いことにならないから、打たないなら感染してもうちでじっとして治し、集団免疫に貢献してね。 実際、イギリスの入院者は数字的には2人に1人が亡くなる。 若い世代を動かすのはまあ良いと思うけど、マスクぐらい義務付けたら良いのにとは思うけど、どうやら感染拡大がその世代に留まってる限りは手を出さずにいるみたい。集団免疫狙いかな。 日本のように数字を理解せず「感染したら入院させろ!医療が悪い!」と叫ぶ国では真似できませんね。 追記 変なコメントあったので。コロナ 感染症の対策会議等は継続して議論されてます。マスコミが報道しなくなっただけで「なりをひそめてる」とは笑止千万。
【削除されました】養殖物2021年10月24日(日)
note(ノート)
との との自由人間 ŌGIRI☆倶楽部 残党
こんにちは、みなさん。 奈良の街中は人でいっぱいでした。お昼時は行列ができるお店も多く、ストリートイベントも始まり、コロナ前のような活気です。 待ち侘びた「日常」が戻ってきましたね。少しでも長くダンスできるよう、無茶はせずに楽しみましょう。 「バトル・オブ・キングギドラ」という写真集を買いました。ゴジラの敵、怪獣のキングギドラです。たくさんの写真がおさめられてます。めちゃマニアではないので、いろんなバリエーション(種族)があったことを初めて知りました。 佐野史郎さんはじめ寄稿してる多くの方が言及してるのが、最初に出現した時のかっこよさ。私も強く同感です。 最初の出演?は「三大怪獣 地球最大の決戦」で、昭和39年の年末年始に公開されました。小学校2年生だった私、少し年上の子供たちと電車に乗って観に行きました。 隕石から噴き出した炎が次第にキングギドラの形になり、ついに実体化するカッコ良さ。子供心をわしづかみにされました(笑) 最近のことはわかりませんが、隕石が割れて中から怪獣が出現する事例はたくさんありますが、こんなかっこいい出現シーンははなかなかないと思います。
ワクチン「先進国」の英国、規制解除でにぎわい戻ったが…いまや感染者1日5万人に増加
読売新聞
との との自由人間 ŌGIRI☆倶楽部 残党
覚えてない方が多いかもしれませんが、イギリスは去年の3月に「感染による集団免疫でコロナを克服する」戦略を出しました。 ワクチンが影も形もない頃には英断だったわけですが、死者数が毎千人以上と思った以上に増え、撤回しロックダウンに転向しました。 先日は「昨年春の集団免疫戦略は間違いだった」と認めましたが、ワクチンの効果とあいまり死者が1/10に抑えられてる以上は、腹の底では今も「集団免疫論」を考えているのではないでしょうか。 ワクチンの2回接種率は67%程度ですが、既に感染した人は13%近くいるので、単純に足すと80%。「ワクチンと感染者増で集団免疫を達成、クリスマスまでに感染者も減らす」が戦略のように思えます。 対して日本は接種率は69%とやや上回りますが、感染した人は1.4%と1/10で、足してもほとんど変わりません。集団免疫的には「遅れを取ってます」。 ちなみに日本の飲食業がGDPに占める割合は2%。興行関係は1.7%と試算されてます。これらは人生における楽しみでは大きな意味を持ちますが、経済への影響はしれてます。エコノミストに騙されないようにしましょう。 日本の文化GDP https://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/bunka_gyosei/pdf/r1393028_19.pdf
288Picks
NORMAL