Picks
310フォロー
46120フォロワー
原発処理水の海洋放出を正式決定 2年後、大幅希釈し着手
共同通信
四方 藤治M&A イノベーション コンサルティング 代表
2021年4月13日の東電の発表によれば、現在タンクに貯蔵されている水の約7割には、トリチウム以外にも規制基準値以上の放射性物質が残っていると読める。 「ALPS処理水」を「トリチウム以外の核種について、環境放出の際の規制基準を満たす水」のみと定義。 問題は、①トリチウムは未処理、②トリチウム以外は基準値内への処理の効果として、実害の有無・程度が問題になる。風評ではない。 東電発表文。 「ALPS処理水の処分に関する基本方針の決定を機に、風評被害の防止を目的に、「ALPS処理水」の定義を変更します。 今後は、「トリチウム以外の核種について、環境放出の際の規制基準を満たす水」のみを「ALPS処理水」と呼称することとします。 1.背景 東京電力福島第一原子力発電所では、地下水や雨水などが建屋内の放射性物質に触れることや、燃料デブリ(溶け落ちた燃料)を冷却した後の水が建屋に滞留することにより、汚染水が発生しています。 汚染水は、ALPS等の浄化装置によってトリチウム以外の放射性物質を取り除く処理を行った「ALPS処理水」として敷地内のタンクに貯蔵してきましたが、貯蔵タンクが増加し、敷地を大きく占有する状況の中、その処分が課題となっていました。 こうした中、4月13日に開催した廃炉・汚染水・処理水対策関係閣僚等会議において、2年後を目途に、ALPS処理水を海洋放出する方針が決定されました。 2.ALPS処理水の定義の変更 過去に発生した浄化装置の不具合や、汚染水が周辺地域に与える影響を急ぎ低減させるための処理量を優先した浄化処理等が原因で、現在、タンクに貯蔵されている水の約7割には、トリチウム以外にも規制基準値以上の放射性物質が残っています。 4月13日に決定した基本方針において、ALPS処理水の処分の際には、2次処理や希釈によって、トリチウムを含む(この部分が不可解!)放射性物質に関する規制基準を大幅に下回ることを確認し、安全性を確保することとしていますが、上記の経緯から、規制基準値を超える放射性物質を含む水、あるいは汚染水を環境中に放出するとの誤解が一部にあります。 そうした誤解に基づく風評被害を防止するため、今後は、「トリチウム以外の核種について、環境放出の際の規制基準を満たす水」のみを「ALPS処理水」と呼称することとします。」
519Picks
ゴーン元日産会長の調書採用へ
共同通信
四方 藤治M&A イノベーション コンサルティング 代表
ゴンさんへ、 私が貴方の下で働いていたとき、貴方から政治的発言を聞くことはなかった。北朝鮮による日本人の拉致が大きく報道されたときは、貴方は誘拐(kidnapped)と表現し、独裁政治による暴力的な拉致(abduction)という表現ではなかった。 立場上、政治的言動を控えていたというより、関心がなかったと思っていた。そして、民主制の価値を認め遵法意識が高い、フランスで高等教育を受けた教養人の一人だと評価していた。貴方の、会社経営における、教科書的ともいえる、合理性を尊ぶ姿勢は、それまでの日本人経営者の主観的経営とはまるで違うものだった。 だから、有報虚偽記載という形式的犯罪容疑で拘束し、特別背任へ持ち込んだ、典型的な別件逮捕には、徹底的に争うものと期待していた。 ところが、勾留から解放されたあと程なくして、国外へ「逃亡」した。この映画のような行動は、日頃、冷静な貴方とはどうしても結びつかなかった。 最近、NHKで、10年前のエジプトでの「アラブ春」を題材に、当時、独裁政権に抗して活動していた若者の今を取材した番組をやっていた。 番組では、与党議員に転身した者、家族と離れ外国へ密かに逃れた者、外国へ政治亡命した者、家族のため外国を転々とすることになった者の現在を伝えていた。 はっと気づいたことは、こうした暴力を伴う迫害は、貴方のこれまでの生活では決して遠いことではなかったのではないかということだ。だから、日本での別件逮捕、家族との接見を制限した長期勾留、あからさまな推定無罪の原則の無視には、きっとこうした迫害と二重写しになったのだろう。 残念ながら、日本の司法制度には古い制度の澱があり、冤罪や警察の不正も少なからずあり、また、現在、統制強化へ傾く、「独裁政治」の雰囲気がますます強まっていることは確かだ。 普通の日本人にはまるで映画のシーンのような「逃亡」も、貴方には、「独裁政治」から逃れる、やむにやまれぬ行動だったのだろう。 今、私はこのように思っている。貴方は、何を思っているのだろうか?
3Picks
NORMAL